世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

介護保険制度

乳しこり。2005年介護保険制度改正は、予防重視型

2005年介護保険制度改正は、予防重視型システムの確立、施設給付の見直し、新たなサービス体系の確立、サービスの質の確保、負担の見直しと5つの重要なポイントがあります。またこれらの5つのポイントを支える3つの視点(明るく活力ある超高齢社会の構築、制度の持続可能性、社会保障の総合化)は、今回の介護保険改正を知る上でとても重要になってきます。


介護保険制度改正の「予防重視型システムの確立」とは、「予防」という視点を取り入れ、従来の介護保険制度に新たなサービスを取り入れたという事になります。高齢者が身体的に重度化しないように、介護保険制度でシステム化したというのが本質です。具体的にいうと、「地域包括支援センター」という新たな機関が誕生し、地域で介護になるおそれのある高齢者を把握しその高齢者に対し、重度化しないよう効果的な介護予防サービスを提供することを目的とした機関ができました。


2006年4月から施行された、まだ始まったばかりの新しい機関ですので、地域包括支援センターにも問題点があります。その一つとして地域にぴったり合った介護予防サービスが確立していないということが挙げられます。まだまだ高齢者にとっては、効果的な予防サービスが満たされているとは言い切れない状況なのです。地域包括支援センターに配置されている専門職は、主任ケアマネ、保健師、社会福祉士と福祉・医療の専門職が配置されておりますが、他にも多くの仕事を抱えていることもあり、地域への活動に手がまわらないというのが現状です。


今回の介護保険制度改正は、介護保険制度始まって以来の初の大改革です。今後着々と地域での介護予防システムを実践していく中で、地域での効果的な介護予防システムが確立されていくことでしょう。地域包括支援センターが中心となった、地域づくりに今後も期待していきましょう。
タグ:乳しこり
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。