世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

保険女性 入院

大阪で呼吸器付け忘れ寝たきり患者死亡

大阪で呼吸器付け忘れ寝たきり患者死亡
大阪府八尾市の八尾徳洲会総合病院で昨年12月、看護師が寝たきりの女性患者(87)のケアをしていた際、一時的に外していた人工呼吸器を付け忘れ、患者が死亡していたことが1日、分かった。八尾署は業務上過失致死容疑で捜査している。

 調べや病院の説明によると、昨年12月17日午前9時半ごろ、20代の女性看護師2人が乳がんで入院していた女性患者の体をタオルでふくなどしていた際、作業の邪魔にならないよう人工呼吸器を一時的に外した。

 作業終了後、看護師らは人工呼吸器を付け忘れ、約1時間半後に患者がぐったりしているのを見つけた。主治医が蘇生(そせい)措置を施したが患者は死亡した。

 人工呼吸器は機能をチェックする「テスト肺」という機器につながれていたため、異常を知らせるアラームが鳴らなかった。主治医は患者が自発呼吸をしていたため30分は外しても問題ないと判断していた。

 同病院は「ミスは明らかで警察や行政にも届けた。院内で再発防止に取り組んでいる」とする福田貢病院長のコメントを発表した。

 病院は1978年の設立。呼吸器内科、外科、皮膚科、眼科などがあり、病床数は415。




日刊スポーツ
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。