世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

ピンクリボン

パナレーサーから「ピンクリボンモデル」が限定発売

パナソニックポリテクノロジーは、乳がんの早期発見・治療の大切さを伝えるピンクリボン運動に賛同し、NPO法人J.POSHのオフィシャルサポーターとして、「ピンクリボンモデル」のタイヤを発売した。

 年々増加しているサイクリストへピンクリボン運動を呼びかけると共に、売上げの一部をJ.POSHピンクリボン基金へ寄付することで運動を支援する。

商品名:Panaracerピンクリボンモデル

サイズ:700×23C(平均重量:230g)
    650×23C(平均重量:210g)
    26×1.25(平均重量:220g)

カラー:ピンクトレッド/ホワイトスキンサイド

特長:ピンクリボン運動をイメージしたカラー構成
   ZSGコンパウンドの採用で走行性能も追求   

参考価格:3550円/本(税込)
      
ピンクリボン運動協賛商品として、売上げの一部がJ.POSHピンクリボン基金へ寄付されます。
※発売は7月末、3サイズ合計で3800本の限定販売となります。

ピンクリボン

女性病気。「乳がん」食を大切にしたい

女性病気
「乳がん」(4)食を大切にしたい
 乳がんの手術後2日間、吐き気に悩まされ、食べ物がのどを通らなかった。家でよく作っているリンゴの温かいスープを、夫が作って病室まで運んでくれ、ようやく体と心に潤いを取り戻すことができた。

 「中国では、漢方の薬が入ったスープもあります。食生活によって体の調子を整える、昔からの知恵なんでしょうね」

 中華料理には脂っこいイメージがあるが、アグネスさんの作る広東料理は油で揚げるのではなく、たっぷりの水で蒸し炒(いた)めにするので、余分な油は取らずにすむ。「もっとも、適度な油分は、体の潤滑油として、とても大切なんですよ」

 薬膳(やくぜん)料理や中華レシピの本を出すなど、日ごろから食と健康のことを考えてきた。闘病を経て、毎日の食生活を大切にしたいとの思いは、さらに強まった。

 「病気はだれでもする。うまく付き合えば『良いお友達』、うまく付き合わないと『災いの元』と、中国では言います。完璧(かんぺき)な健康の人はいない。働いて、食べることができて、普通の生活が保てれば、それは病気に勝っていることなんだと。これって実は、最近のQOL(生活の質)の考え方そのものでしょ」

歌手 アグネス・チャンさん 52

女性病気
(読売新聞)
タグ:女性病気

ピンクリボン

女性病気。乳がんの標準治療は病期(ステージ)によって異なります。

病期(ステージ)別治療乳がんの標準治療は病期(ステージ)によって異なります。また同じ病期でもがんの拡がりや性質によって治療法が違う場合がありますから、担当医に十分な説明を受けて下さい。

0期
乳房切除術、または乳房部分切除術と放射線照射を行います。術後に温存乳房、あるいは反対側の乳房での再発を予防するためにホルモン療法を行うこともあります。

I期〜IIIa期
手術が可能な乳がんです。しこりの大きさによって術式(部分切除術、または両胸筋温存乳房切除術)が選択されます。手術の後、手術で切除した標本を顕微鏡で検索します(病理組織学的検査)。病理組織学的検査によって、がんの大きさ、わきの下のリンパ節転移の数、組織学的異型度(細胞分裂の数やがん細胞の形態によって決められる悪性度の指標。「組織学的グレード」とも呼ばれます)、ホルモン受容体の有無などを調べ再発の危険性を評価します。そして再発の危険性が高いと判断された場合、その再発の危険性の大きさ、年齢や月経の状況、ホルモン受容体の有無に応じて、術後に再発を予防する目的の薬物療法(術後薬物療法)を行います。またがんの拡がりや選択した術式に応じて術後に放射線療法が勧められる場合もあります(術後放射線療法)。

IIIa期の場合、またはII期でもしこりが大きい場合には先に抗がん剤治療を行い、手術をその後に行うことがあります。これを「術前化学療法」といいます。術前化学療法には、乳房のしこりの縮み方によって抗がん剤の治療効果がわかる、またうまく小さくなれば乳房のかたちを残す手術(乳房温存手術)が行える可能性が出てくる、という利点があります。手術と抗がん剤治療のどちらを先に行っても、その順番は再発のしやすさに影響を与えないということがわかっています。

IIIb、IIIc期
原則として手術ができない乳がんです。薬物療法、放射線療法を行ってしこりが小さくなり、手術が可能になれば手術を行う場合もありますが、この病期における手術の意義はまだはっきりしていません。薬物療法を行う前に乳房のしこりに対してがん組織の性格を調べるための「生検」(しこりの一部分、またはしこり全体を採取し、病理組織学的検査を行うこと)を行います。病理組織学的検査の結果に基づいて使用する薬を選択することもあります。

IV期
乳房のしこりか転移病巣の生検を行います。この病期は全身にがんが拡がっている状態なので、手術によって乳房をとることには意味がありません。再発した乳がんと同様に、病理組織学的検査に基づいて薬の治療すなわち全身治療を行い、がんの進行を抑え、がんによる症状を抑えます。骨転移や脳転移などによる部分的な症状を和らげるため、放射線照射や手術が行われることがあります。

「国立がんセンターがん対策情報センター」より
http://ganjoho.ncc.go.jp/

ピンクリボン

保険女性 がん。

女性保険とは、女性特有の病気に備える女性専用の保険です。
女性特有の疾病以外のケガや病気にかかったときでも、入院給付金や通院給付金などが受け取れますが、女性疾病にかかったときには、通常よりも手厚い保障が受けられます。

たとえば、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんと診断された場合、一括でまとまった給付金が支払われたり、それらの病気による入院や手術の給付金が通常よりも増額して支払われたりします。 女性保険は、保険期間が制限されている定期タイプと、一生涯を保障する終身タイプがあります。

なかには、一定期間ごとにボーナスがもらえる商品や、女性の健康上の不安に答える相談窓口がある商品などもあり、女性のライフスタイルに合わせた保険になっています。 通常の医療保険のなかでも、女性疾病特約を付け加えることで、女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品もあります。
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。