世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

女性保険 医療

単なる闘病記ではない 『余命1ヶ月の花嫁』 

24歳の若さで乳がんと闘って亡くなった長島千恵さんの愛と命のメッセージ。
昨年、TBSの番組で取り上げられて以来、大きな反響を呼び、今年、千恵さんの命日の翌日、5月7日に千恵さんの最後の1ヶ月に密着した「余命1ヶ月の花嫁 〜千恵さんが残したもの」と題して番組が放送された。
単なる闘病記というのではなく、生きること、人を愛すること、そして、愛されることの尊さを綴った1つ1つの言葉は、映像とはまたひと味違う形で心に響く。

【”コレ”を読むべし!】
TBS「イブニング5」で大反響があった同名ドキュメンタリー番組の書籍化。
イベントコンパニオンをしていた長島千恵さんは23歳の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんの診断を受けた。ちょうどその頃、赤須太郎さんから交際を申し込まれ、「一緒にがんと闘おう」という言葉に動かされ、交際がスタート。愛する人とともに病気と闘う決心をする。
一時期は仕事にも復帰したが、がんの進行は止まらず、胸膜、肺、骨にがんが転移。
父、恋人、親族は「余命1ヶ月以内」の宣告をうける。
しかし、最後まで明るさを失わず、愛し、愛され、支えられ、守られながら壮絶に生き抜いた24年の長島千恵さんのラスト・メッセージ。
過酷な現実と向き合いながら、精一杯に生きた長島千恵さんの生き方に共感と感動した。

『余命1ヶ月の花嫁』/

女性保険 医療

将来は乳がんなどへの適用拡大を!

ファイザー、日本で腎がん治療用薬・品ぞろえを拡充
 米系製薬のファイザーは今夏にも日本で腎細胞がん(腎がん)などの治療に使う医薬品「スーテント」を発売する。がん細胞などを狙い撃ちにする分子標的薬と呼ぶ医薬品の一種。日本での商品構成を循環器分野主体から抗がん剤にも広げる。

 スーテントはがんに栄養分や酸素を送る血管をできにくくすることで、増殖を抑える仕組み。消化管の壁に腫瘍(しゅよう)ができる消化管間質腫瘍の治療にも利用でき、将来は乳がんなどへの適用拡大を目指す。(

女性保険 医療

インタビュー:ポップ歌手K・ミノーグ、「まだやり終えてない」

[ロサンゼルス 27日 ロイター] 10枚目となるアルバム「X(エックス)」を発売したオーストラリア出身の人気歌手、カイリー・ミノーグ(39)がロイターのインタビューに応じ、20年間ポップ界のトップに君臨しているものの、まだまだやり終えていないと語った。

 2005年に公にした乳がんとの闘いは、自分自身を見直すきっかけになったとコメント。「『もうここまで。まったく別の道に行く』という人が多いし、そういう言い訳も十分できたと思うが、自分はそうではない。まだ終えていない。自分がやっていることに喜びを感じるし、続ける用意がある」と語った。

 復帰後には児童書を執筆したり、香水や美術館でのファッション展示を手掛け、英女王から勲章も授与された。ただ、病気については話したくないとし、「それが何を意味し、何が起き、自分をどう変えたか、うまくまとめる言葉がない」と説明。ただ、もし「患者と1対1なら何でも分かち合う」と語った。

女性保険 医療

女性病気。NFLラムズの女性オーナー死去

女性病気
米プロフットボールのNFL、ラムズの女性オーナーのジョージア・フロンティアさんが18日、乳がんのため死去した。80歳だった。

フロンティアさんはオーナーを務めた夫の死去により、1979年に就任した。95年に故郷のセントルイスに移転させたチームは、2000年1月にスーパーボウルを制した。

女性保険 医療

太りすぎは「がん」誘発

太りすぎは「がん」誘発、望ましいBMI値20〜25

世界がん研究基金(ロンドン)は、太りすぎが、乳がんや膵臓(すいぞう)がんなど、6種類のがんになる危険性を高めるという調査報告をまとめた。

報告書は、発症の危険性を下げるには、肥満度を示すBMI値(体重を身長の2乗で割った数値)を20〜25に保つのが望ましいとした。日本肥満学会によると、日本人のBMI値の標準は22。肥満は25以上とされている。

同基金は、1960年以降に世界各地で書かれた50万件の研究報告から、7000件を選び出して、がんと体重、食事との関係を分析した。その結果、肥満によって乳がんや膵臓がんのほか、直腸、食道、子宮内膜、腎臓のがんになりやすいと結論づけた。10年前の報告よりも5種類増えた。

調査報告はまた、ハムやベーコンなどの加工肉は直腸がんになる危険性を高めるとし、赤肉も週に500グラム以上食べるべきではないと指摘。<1>1日30〜60分の運動をする<2>甘い飲み物を控えて水を飲む<3>果物、野菜、繊維質を含む食べ物を取る――など、がんを回避する方策も記している。

読売新聞

女性保険 医療

経口避妊薬は発がんリスクを減少させる可能性がある

「経口避妊薬は発がんリスクを減少させる可能性がある」 
英国で36年越しの研究

2004年10月21日、フィリピンの首都マニラ(Manila)で配布するために保管されている「家族計画用ピル」。(c)AFP/JOEL NITO

【9月12日 AFP】ピルの使用と発がんリスクの関係を長期にわたって調べた研究結果が12日、英医学誌「British Medical Journal(BMJ)」インターネット版に掲載され、「ピルの使用が女性の発がんリスクを増大させることはなく、大部分の女性については、発がんリスクを減少させる可能性がある」との結果が示された。

同研究は、平均年齢29歳の英国人女性4万6000人を対象に、1968年に開始された。このうち約半数の女性が経口避妊薬を摂取しており、残りは、一度も経口避妊薬を摂取したことのない女性だ。

36年にわたる調査期間中、大勢の女性が研究対象から外れたため、研究者らは発がんリスクに関する比較をするために、2つのデータ群を追加した。

研究を行ったアバディーン大学(University of Aberdeen)のチームは、ピル使用者に全体的な発がんリスクの増大は見られず、データ群によって異なるが3〜12%の発がんリスク減少が確認されたと述べている。
タグ:乳がん

女性保険 医療

乳がんと診断されたら!

乳がんと診断されたら、しばらくは、気持ちの整理をするのも大変かもしれません。しかし、そんな中でも手術や治療は進んでいきます。乳がんは、ほかの部位のがんと比べ、治療後の経過が良いといわれていますし、治療法も日々進歩しています。自分の病気や治療について、正しく理解し、知識や情報を得ながら、納得して進む一歩一歩が、あなたの安心へとつながるはずです。


乳がん 最新治療法とQOL情報ガイド

医者の私ががんに罹ったら

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 人は必ずがんになる(がんをいかに発見するか/がんとは何か/がんになりやすい人とは)/第2章 日本で、賢いがん患者になるコツ(いびつな日本のがん治療/がんの手術を受けるとき/情報が身を守る)/第3章 私が受けたい抗がん剤治療(“柔らかい”抗がん剤治療/患者が主役になる医療/日常を大事にする治療)/第4章 がんの部位別・進行別治療法(肺がん/大腸がん/乳がん/胃がん/肝臓がん(肝細胞がん)/胆道がん/膵臓がん)/第5章 今ある武器で、よりよく闘う(「最新治療」のその後/抗がん剤治療のこれから/医師として、患者として)

女性保険 医療

2004年における死亡原因のトップはがん!

女性保険 がん
2004年における死亡原因のトップはがんで、31.6%、3人に一人ががんで死ぬ時代、がんに対応するためのがん保険は強い味方になります。がん保険は、がんになった場合に受けられる保障が手厚いのが特徴です。またがんに特化しているため、料金も他の医療保険に比べて安くなる傾向にあります。


がん保険の特徴について、少し説明しましょう。がん保険においては、がんであると診断された時点で、一時給付金が支払われるものが多くあります。がんで手術する場合や入院する場合も給付金が出ます。入院の際に出る毎日の給付金に制限が無いのも大きな特徴です。


がん保険は、保険会社によって一時金の額はもちろん、通院給付金があるものないもの、再発したときは何度でも診断給付金が受け取れるものと1回だけのものなど商品によって条件がバラバラです。がん保険に入る場合は、詳細をきちんと確認してから、契約を行いましょう。


がん保険は以下の点に注意して選びましょう。がんと診断された時の一時給付金はいくら支払われるか? 発見されたがんの種類によって、支払われない場合があるか? 入院時、日額の給付金の額はいくらか? 退院後、退院一時金、通院給付金、その他の給付金がでるか? 再発した場合の保障内容はどうなっているか? など細かい条件をきちんと確認しましょう。

アリコ 子供保険
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。