世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんとは

女性保険 がん。がんになったら、がんになったらもう手遅れ?

女性保険 がん

がんになったら、がんになったらもう手遅れと考えている人が多いのではないでしょうか? がんという病気についてできるだけ意識から遠ざけようという気持ちは分かりますが、がんは治らない病気ではありません。そのためにも女性保険 がん。保険という専用の保険が用意されています。


がん保険の特徴について、少し説明しましょう。がん保険においては、がんであると診断された時点で、一時給付金が支払われるものが多くあります。がんで手術する場合や入院する場合も給付金が出ます。入院の際に出る毎日の給付金に制限が無いのも大きな特徴です。


がん保険で注意しなければならないことを、いくつか紹介しておきます。がん保険は、診断時、手術時、入院時の給付金が会社によって大きく違います。そして、がんが再発した場合の給付金も何度も給付金が払われるもの、払われないものと条件がバラバラです。気をつけてください。


がん保険の選び方としては、どんな点に注意すれば良いでしょうか? まずはがんと診断された時の保障内容、発見されたがんの種類によって保障内容が変わるか? 入院時の日額給付金はいくらか? 退院後、退院一時金、通院給付金、その他の給付金など保障内容は? 再発のときの保障内容は? などをきちんと調べると良いでしょう。女性保険 がん

乳がんとは

乳がんの発生・増殖には、性ホルモンであるエストロゲンが重要な働きをしています。

大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15〜20個並んでいます。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっています。乳がんの約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。小葉から発生する乳がんが約5〜10%あり、小葉がんと呼ばれます。乳管がん、小葉がんは、乳がん組織を顕微鏡で検査(病理学的検査)すると区別できます。この他に特殊な型の乳がんがありますが、あまり多いものではありません。

年齢別にみた女性の乳がんの罹患(りかん)率は30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。女性では、乳がんにかかる数は乳がんで死亡する人の数の3倍以上です。これは、女性の乳がんの生存率が比較的高いことと関連しています。男性の乳がんは、年間の死亡数で女性の乳がんの100分の1以下の稀ながんですが、女性の乳がんに比べて生存率が低い(予後が悪い)ことが知られています。

年次推移は、罹患率、死亡率ともに一貫して増加しており、出生年代別では、最近生まれた人ほど罹患率、死亡率が高い傾向があります。

罹患率の国際比較では、東アジアよりも欧米、特に米国白人が高く、アメリカの日本人移民は日本国内在住者より高い傾向があります。

乳がんの発生・増殖には、性ホルモンであるエストロゲンが重要な働きをしています。これまでに確立されたリスク要因の中には、体内のエストロゲン・レベルに影響を与えるようなものがほとんどです。実際に体内のエストロゲン・レベルが高いこと、また、体外からのホルモンとして、経口避妊薬の使用や閉経後のホルモン補充療法によって乳がんのリスクが高くなるという根拠は、十分とされています。

生理・生殖要因としては、初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、出産歴がない、初産年齢が遅い、授乳歴がないことがリスク要因とされています。また、体格では高身長、閉経後の肥満、が確立したリスク要因ですが、閉経前乳がんについては、逆に肥満者でリスクが低くなることが指摘されています。

飲酒習慣により、乳がんリスクが高くなることは確実、また、運動による乳がん予防効果はおそらく確実とされています。その他の食事・栄養素に関しては、脂質、野菜・果物、食物繊維、イソフラボンなどが注目されているものの、十分に根拠が揃っているものはまだありません。

その他、一親等の乳がん家族歴、良性乳腺疾患の既往、マンモグラフィ上の高密度所見、電離放射線曝露も、乳がんの確立したリスク要因とされています。

「国立がんセンターがん対策情報センター」より
http://ganjoho.ncc.go.jp/

乳がんとは

女性病気。女性がん保険のQ&A

女性病気。女性がん保険のQ&A

30歳、独身女性の生命保険(特にがん保険)
生命保険に入りたいと思います。30歳女性で、結婚の予定はありません。
死亡後の補償は薄くていいので、治療や入院費の保障が手厚い保険がいいのですが。特にがん保険には張りたいです。今、簡易保険の2倍型に入っています。ここにつけ加えて入ろうと思っています。(保険料は9200円/月です)

アリコとアフラックの資料請求中です。
ほかにも5000円/月までの保険料でおすすめはあるでしょうか?

良回答1
お若い方でしたら、いろいろな保障がセットされている共済よりも、ポイントを絞って民間の保険に加入する方が割安だと思います。

損保ジャパンやオリックス生命にも、同様の保険がありますが、あまり資料がありすぎると分かりにくいと思いますので、まずは2社でじっくり検討されてみてはいかがでしょうか。

良回答2
私はコープ共済とひまわりにはいってます。すごく安いです。女性特有の病気に対して対象してます。大手は広告費にお金をだいぶ使ってるしひかえめなところを選んでます。

乳がんとは

乳がんが治っても乳房がなくなってしまったら……

乳がん
今日では早期に発見できれば治る確率が高いと言われている乳がんですが、治療方法によっては、女性にとってとても大事である乳房を切除されてしまうケースも多いようです。
乳がんが治っても乳房がなくなってしまったら……
元の形に再建しようにも、がんの治療費などで多額のお金を使ってしまい、再建のためのお金が残っていない事もありえます。

昨今は保険商品の開発競争が激化しており、そのような状況下から乳房再建のための費用を払ってくれる保険が登場しています。再びいきいきとした生活を実現するために、乳房再建費用を払ってくれる保障を確保しておければ、より安心できる生活を送っていけそうです。

女性のために用意されている医療保険
ご希望の医療保険がきっと見つかります!ネットで資料請求もOK!
こんな保険あったの!?必見♪知って得する生命保険
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。