世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

下腹部の痛みや尿が出にくくなります。このような症状子宮がんのシグナル。

子宮がんのシグナルとしては、性交渉時の性器からの不正な出血 、月経サイクルの異常 、「おりもの」に血液や膿が混じるなどの異常 、排尿障害や排便障害進行してくると腰、下腹部の痛みや尿が出にくくなります。このような症状があるときは、「子宮ガン」の疑いがあります。早めの検査を受けましょう。
いちばんよく見られる症状が不正出血、血性のおりもの、あるいは茶色がかったおりものがある、悪臭のするおりものがあるです。そのほかに、骨盤内や背中、足に痛みがあったり、排尿痛や排尿困難、体重減少や全身の脱力などの症状があります。 閉経後に不正出血があるときは、早めに検査を受ける必要があります。
初期がんでは、無症状のことが多いのですが、初期に接触出血、つまり性交によるがみられます。しかし、不正出血があったからといって、すぐがんの心配をする必要はありませんが、月経以外のときに出血、オリモノの量や、におい、色などがいつもと違う、などの症状がある場合はガンを疑う必要があり早めに産婦人科の診断を受けましょう。
症状としては、不正出血がある、血性のおりもの、あるいは茶色がかったおりものがある、悪臭のするおりものがある 、下腹部の痛みや、排尿障害があるということがあげられます。更に進行すると血尿や血便がでたり、子宮内に血液や分泌液がたまって子宮が腫れたりします。早めに産婦人科を訪ねて検診を受けましょう。
子宮ガンの症状初期にはほとんど症状がないことが多いで、子宮ガンで最もよく見られる症状は、性器からの出血です。月経以外のときに出血したり水のような異臭のするおりものがある。そういうときはガンを疑う必要があります。オリモノの量や、におい、色などがいつもと違う、のも子宮ガンの症状のひとつです。早めに検査をしましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
新着記事
過去ログ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。