世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がん撲滅

乳がん撲滅のCD作成/紀の川市

乳がん撲滅を目指す「ピンクリボンキャンペーン」で、紀の川市がテーマソング「紀の川のほとりで」を作った。

CDで合唱を披露している市立上名手小学校(政本英嗣校長、児童65人)に27日、市の推進本部から感謝状や記念のCD80枚が贈られた。


曲を作ったのは、農水省から市に出向している田中卓二・農林商工部長。

学生時代からバンド活動を趣味とする田中部長は昨年秋、

「地域にふさわしい曲を」と自らテーマソングを作詞・作曲した。

歌詞には「僕は何ができるだろうか 君のために」と乳がん検診を呼びかけるような思いを盛り込んだ。


市立上名手小学校は青洲生誕の地の地元。

市内の行事などで児童にテーマソングを歌ってもらったところ好評で

、歌などを聴いたことをきっかけに受診し、

がんが早期発見された女性もいたという。

今回のCDには、上名手小の児童による合唱、田中部長による独唱、

地元の語り部による青洲の生涯についての講演などを収録した。


上名手小6年の木村壮太さん(12)は「僕たちの歌声で、

乳がんで亡くなる人を1人でも少なくできるように」と話している。


CDは約千枚制作した。

希望者は推進本部のある紀の川市健康推進課(0736・77・2511)へ。

CDと引き換えにピンクリボンキャンペーンへの千円の寄付をお願いしている。


朝日新聞 - ‎2009年10月27日
タグ:乳がん撲滅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。