世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

切除した乳房の画期的な再建技術、来年ヒトで試験へ オーストラリア

豪メルボルン(Melbourne)のバーナード・オブライエン顕微鏡手術研究所(Bernard O'Brien Institute of Microsurgery)の医師団は12日、乳がんで切除した乳房の画期的な再建法について、ヒトを対象とした試験を来年早々に実施することを明らかにした。

同研究所は患者自身の脂肪細胞を使って乳房を再建する新しい方法を開発した。少量の脂肪細胞を入れた穴の開いたブラジャーのカップのような医療器具を胸に埋め込むもので、患者本人の血液を供給された脂肪細胞が空間を埋めるように増えていき、最終的に乳房の部分が脂肪で満たされるという。基本的に患者は違和感を覚えないという。

最初の被験者らは器具を取り除くために2回目の手術を受けなければならないが、数週間で溶ける生分解性の器具の開発も計画されている。医師団によると、これまでに幹細胞を使って乳房が再生されたことはあったが、このような手法は世界初だという。ブタでの試験はすでに成功しており、ヒトに対する試験が来年早々に始まる。

乳がんは女性がん患者の死因のトップとなっている。(c)AFP


乳がんと保険

乳がんの危険性を訴えパレード

南アフリカでビキニ姿の女性287人が大集合

南アフリカで、一風変わったセクシーなイベントが行われた。
ビキニ姿の女性287人が大集合し、乳がんの危険性をアピールしようと、ヨハネスブルクの街をパレード。

およそ2kmの距離を歩き、乳がんの早期治療、早期発見を訴えた。
参加者の中には、カメラに向かって投げキッスする女性もいた。
イベント主催者によると、ビキニ姿でパレードした人数としては世界最多という。

余命1ヶ月の花嫁

余命1ヶ月の花嫁

乳がんと診断された女性が、余命1か月と宣告されながら、最愛の人と共に病と闘う。

テレビ番組化された感動の実話の映画化で、カップル役の栄倉奈々と瑛太が好演。

廣木隆一監督。
2009年。
6日発売。
(本編129分、TBS)

乳がん基金イベント

乳がん基金イベントのフォト公開中

乳がん基金イベント

ケータイサイト「エンタメコリア取り放題」が4日、第4回Love Your W 乳がん基金イベント(10月29日、ウエディングホール「フラディア」〈ソウル市瑞草区〉)のフォトを公開しました。今回公開したのは、同イベントに出席した女優たちのフォト20枚。朝鮮日報日本語版が誇る高画質フォトでご堪能下さい。


 エンタメコリア取り放題は、熱愛、結婚、破局、騒動などなど、韓国芸能情報をどこよりも速くお伝えします。ニュースのほか韓国芸能界の事情通ジャーナリスト、野崎友子のコラムや、超高画質で話題のフォトニュース、無料ダウンロードがうれしい着メロ(※1)などコンテンツ満載。月額312円(※2)で韓国芸能界が丸わかり。ユーザー向けの豪華プレゼントイベントを毎月実施、メルマガ登録で携帯メアドが朝鮮日報日本語版のPCサイト、「エンタメコリア」のユーザーIDになるおトクなサイトです。(※1)通信料は別途必要です。(※2)ドコモとauは月額312円(税込)。ソフトバンクは315円(税込)です。


*アクセス方法


■メインメニューからアクセス


iモード版:「メニューリスト」→「芸能/タレント/お笑い」→「海外芸能」


EZweb版:カテゴリ(メニューリスト)」→「音楽・映画・芸能」→「海外芸能」


ソフトバンク版:「メニューリスト」→「芸能・映画・音楽」→「韓流・海外芸能」

がん検診

がん検診受けたことない女性は66%

理由は「タイミングが分からない」から

女性の63%は自分ががんにならないか不安に思っているが、66%の人は、がん検診を受けた経験がない、との調査結果をソニー損害保険が発表した。受けていない理由は「検診を受けるタイミングが分からない」が47%で最も多かった。

 国立がんセンターによると、女性の3人に1人(男性は2人に1人)は一生のうちにがんと診断される確率があるが、がんにかかった経験のない女性は60%はそれを知らなかった。認知度が4人に1人に満たない男性よりはがんのリスクを把握しているが、まだ多くの人ががんについて十分に理解していないと、ソニー損保は分析している。

 女性ががん検診を受けない理由としては、タイミングのほかに「今のところ体に異常がみられない」(43%)、「お金がかかる」(40%)、「時間がない」(34%)、「どこで受診すればいいか分からない」(32%)などがあった。また「異性の医師に診察されることに抵抗がある」(16%)といった声も多かった。

 がんは初期の段階で発見すると治癒の確率が高まるため、厚生労働省などは「がん検診受診率50%」を目指し、2009年から毎年10月の集中キャンペーンを始めた。Webサイトで市町村が実施するがん検診の問い合わせ先一覧を掲載するほか、子宮頸(けい)がん、乳がんの検診無料クーポンなどを案内している。しかしソニー損保では今回の調査結果をもとに、厚労省の目標達成にはまだ時間がかかると分析している。

 この調査は10月19日と20日に、15―49歳の男女各500人を対象にインターネット上で実施した。
タグ:がん検診
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。