世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がん基金イベント

乳がん基金イベントのスターたち

乳がん基金イベントのスターたち

29日午後、漢江公園近くのウエディングホール「フラディア」(ソウル市瑞草区)で、「第4回Love Your W 乳がん基金イベント」が行われた。


このイベントには
チョン・ドヨン、チェ・シラ、ユン・ウネ、ハン・ジミン、チェ・ヨジン、ファン・シネ、ユン・ジンソ、ハン・ヘジン、チェ・ジョンアン、チェ・ガンヒ、イェ・ジウォン、イ・ヨンジン、ホン・スヒョン、ミン・ヒョリン、ハン・ジェソク、キム・ナムジンら

大勢の女優・俳優が出席した。


今年で4年目を迎えたファッション誌『W Korea』によるキャンペーン「Love Your W」は、乳がんに対する社会的な認識を高め、正しい情報を広めようという趣旨から始まったもの。

今回のキャンペーンで集められた基金は、乳がん検診バス運行や無料乳がん検診の機会提供に使われる。




朝鮮日報日本語版

イ・デドク記者

乳がん撲滅

乳がん撲滅のCD作成/紀の川市

乳がん撲滅を目指す「ピンクリボンキャンペーン」で、紀の川市がテーマソング「紀の川のほとりで」を作った。

CDで合唱を披露している市立上名手小学校(政本英嗣校長、児童65人)に27日、市の推進本部から感謝状や記念のCD80枚が贈られた。


曲を作ったのは、農水省から市に出向している田中卓二・農林商工部長。

学生時代からバンド活動を趣味とする田中部長は昨年秋、

「地域にふさわしい曲を」と自らテーマソングを作詞・作曲した。

歌詞には「僕は何ができるだろうか 君のために」と乳がん検診を呼びかけるような思いを盛り込んだ。


市立上名手小学校は青洲生誕の地の地元。

市内の行事などで児童にテーマソングを歌ってもらったところ好評で

、歌などを聴いたことをきっかけに受診し、

がんが早期発見された女性もいたという。

今回のCDには、上名手小の児童による合唱、田中部長による独唱、

地元の語り部による青洲の生涯についての講演などを収録した。


上名手小6年の木村壮太さん(12)は「僕たちの歌声で、

乳がんで亡くなる人を1人でも少なくできるように」と話している。


CDは約千枚制作した。

希望者は推進本部のある紀の川市健康推進課(0736・77・2511)へ。

CDと引き換えにピンクリボンキャンペーンへの千円の寄付をお願いしている。


朝日新聞 - ‎2009年10月27日
タグ:乳がん撲滅

乳がん啓蒙キャンペーン

乳がん啓蒙キャンペーンに参加した女優チェ・ヨジン

乳がん啓蒙キャンペーンに参加した女優チェ・ヨジン

チェ・ヨジン‘名品ボディー’、ランジェリーグラビアの中で幻想的スタイル披露

‘名品ボディー’を持ったチェ・ヨジンがランジェリーファッションを披露してネティズンの間で話題である。
健康なライフスタイルでインナービューティーを実践している女優チェ・ヨジンが、ファッションマガジン『W Korea』の乳がん啓蒙キャンペーンに参加した。

2006年‘あなたの胸を愛しなさい’と言うメッセージを通じて女性たちの乳がん早期発見の大切さを知らせるために始まったマガジン『W Korea』の‘Love your W’キャンペーンに参加したチェ・ヨジンは、グラビアの中で弾力があってバランスの取れた体を披露して自分の体に堂々とした20代の健康美人アイコンとして魅力を発散した。

チェ・ヨジンは「乳がんキャンペーンに参加するようになって嬉しい。世の中でいちばん美しいのは人の体、それも女性の体だという。今回のグラビアを通じて女性たちが自分の体をもっと愛して整えたいという認識転換に少しでもプラスになったらやり甲裴があるようだ」とし「私自身もケルビン・クライン・アンダーウェアとの二度のグラビア撮影が怠惰にならず、もう少し私の体に関心を傾けるきっかけになるようだ」と伝えた。

ケルビン・クライン・アンダーウェアの関係者は「‘Fatal Beauty’をコンセプトにして進められたグラビアで、ケルビン・クライン・アンダーウエアのモダンなデザインと無駄な所がないチェ・ヨジンのSボディーの組み合わせは普通の美しさを越えて致命的までとも言える」とし「ヘアーと対照的なシンプルなスタイリング、ここに加えられた彼女の堂々とした姿が強い女性美を感じさせる」と述べた。

日曜検診

乳がん早期発見へ18日「日曜検診」

青森県女性の乳がん死亡率が高い。
仕事と家事に追われ、平日にマンモグラフィー検査乳房の画像診断)を受診する時間を確保できず、早期発見が遅れているのが背景にあるとみられる。
乳がん啓発の市民団体「NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)」は18日、マンモグラフィーの日曜検診を実施。本県では、3医療機関が参加する。

県保健衛生課によると、本県の乳がん死亡率は2007年、人口10万人当たり20.6人で、全国最多。08年は同じく20.3人と全国で5番目に多い。
一方で、07年度の検診受診率は27.1%で全国平均の14.2%を上回っているものの、「欧米の受診率75〜80%に遠く及ばないのが現状」(J.POSH)だという。

乳がんの発症率は30〜40代から増え始めて、45歳でピークを迎える」と青森市の桂木クリニックの伊藤卓院長は説明。
「30〜40代は平日、仕事で忙しい。
子供を一時的に預かってくれる所がないのも敬遠される要因の一つ」と指摘する。

全国的にも乳がん死亡率が増加傾向の中、「ジャパン・マンモグラフィーサンデー(JMS)」と題した乳がん啓発活動が18日に本年度初めて実施される。
受診率の向上に賛同した全国の医療機関が通常、休診の日曜日に乳がん検査が受診できる機会を設けた。

青森県から参加するのは、桂木クリニック、北村医院むつレディスクリニック、弘前メディカルセンター。
伊藤院長は「乳がんは治る病気。

そのためには早期発見が大事」と積極的な受診を呼び掛けた。
タグ:日曜検診

乳がん

乳がんに対する効能追加を承認申請

乳がんに対する効能追加の承認申請について

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治](以下、中外製薬)は、抗VEGF(血管内皮増殖因子)ヒト化モノクローナル抗体ベバシズマブ(遺伝子組換え)−販売名『アバスチン(R)点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL』(以下、「アバスチン(R)」)の、乳がんに対する効能追加の承認申請を厚生労働省に行いましたのでお知らせいたします。

海外で行われた第III相臨床試験から、化学療法未治療の進行・再発の乳がん患者さんにおいて、化学療法に「アバスチン(R)」を併用することで、主要評価項目である無増悪生存期間の統計学的に有意な延長が認められました。海外では、欧州において2007年3月、また、米国では2008年2月の承認以降、化学療法未治療の進行・再発乳がんにおいて化学療法との併用により使用されています。

国内で実施した化学療法未治療の進行・再発乳がん患者さんを対象とする第II相臨床試験においても、日本人の患者さんにおける「アバスチン(R)」の有効性が確認されるとともに、忍容性も海外臨床試験と同等の水準にあることが示唆されました。

日本において乳がんの新規罹患者数は年々増加しており、2010年の年間新規乳がん罹患患者数は45,000人強と推計されていま[*]。

オンコロジー領域のトップ製薬企業である中外製薬は、患者さんおよび医療従事者に早期に新たな治療選択肢が提供できるよう、承認取得に向けて取り組んでまいります。

[*] 大島・黒石・田島「がん・統計白書 −罹患/死亡/予後−2004」
(篠原出版新社)

以上



アバスチン(R)について
 「アバスチン(R)」は、腫瘍の増殖と転移に必要な血管の新生に重要な役割を果たすVEGFに特異的に結合し、その作用を阻害する抗体医薬です。2004年2月に転移性の結腸・直腸がんの治療薬として米国で承認されて以来、治療ガイドラインで標準治療薬の一つに位置付けられています。乳がんに対しては、欧州では2007年3月、米国では2008年2月の承認以降、進行・再発乳がんの一次治療として使用されています。国内では、2007年4月に「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」を効能・効果として承認されました。承認後は特定使用成績調査を実施し、「アバスチン(R)」の適正使用の推進に努めてきました。
 なお、中外製薬は2008年11月に扁平上皮がんを除く非小細胞肺がんを効能・効果とした追加承認申請を行い、現在、審査中です。
● 関連リンク
中外製薬(株) ホームページ

乳がん予防

乳がん予防のための8か条

乳がん予防のための8か条

「乳がん予防のための8か条」は以下のとおり。

1)太りすぎ、特にウエスト部分の脂肪に注意
年齢に関係なく、太りすぎはがんを誘発する可能性を高くする。特に更年期を迎えた女性は要注意。データによると、閉経後に太りすぎた場合、乳がんの可能性は50%増となっている。体重が重いほど、特にウエスト部分の脂肪が多いほど危険性は高い。

2)大豆製品を多く摂取する
大豆や大豆製品を多く摂取することはがん発症の危険性を低下させる。7万3000人を対象にした調査では、大豆製品をよく食べる女性は、食べない女性に比べて乳がんの発症率が約60%低い。

3)野菜・果物を多く取る
野菜や果物に含まれるカロテノイドには、がん予防の効果だけでなく、発病後の延命効果などがある。

4)緑茶を飲む
中国人女性2000人に対する調査では、緑茶を良く飲む女性は乳がんの発症率が40%低い。

5)毎日30分の運動
適度な運動の習慣は乳がん発症の危険率を20%減らす。

6)お酒は少なめに
アルコールは乳がん発症の危険を増加させる。飲む量の増加や高齢化に伴い危険性は高くなる。女性は1日コップ1杯程度の酒が適量で、飲む際には葉酸(ようさん)を補給すると良い。

7)女性ホルモンによる治療を避ける
米国の医療研究組織によると、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステン(黄体ホルモン)を併合して治療に使っている女性の乳がんの危険性は28%高い。

8)たばこ、特に間接喫煙を避ける
米国での調査によると、喫煙は乳がんの危険性を20%高める。特に、たばこから直接出る煙(副流煙)を吸い込む環境で長期にわたって生活した場合、乳がんの発症率は70%高くなる。

(翻訳・編集/HA)

モバイル版URL : http://rchina.jp/article/36185.html 2009年10月13日付の生命時報によると、米国向けのニュース専門放送局・MSNBCのサイトが、「国際乳がん月間」にあたる今月になって米国のがん専門家による「乳がん予防のための8か条」を掲載した。
タグ:乳がん予防

乳がん

乳がん患者を支援ジェリ・ハリウェル等各界のセレブ

乳がん患者を支援ジェリ・ハリウェル等各界のセレブ

世界中の乳がん患者等の支援活動を行っている団体Breast Cancer Careによるイベント「The Breast Cancer Care 2009 Fashion Show」がロンドンのホテルで開催された。

会場には、モデルのリサ・スノードンやミュージシャンのジェリ・ハリウェル等のセレブが集結し、Breast Cancer Careのマークでもあるピンクのリボンをつけて、乳がん治療への参加や積極的な支援を呼びかけた。

がん細胞

がん細胞、病気の進行につれ遺伝的変異 カナダ研究

がん細胞が病気の進行とともに遺伝的変異を起こすことを、世界で初めて確認したと、カナダのブリティッシュコロンビアがん機関(British Columbia Cancer Agency)の研究チームが8日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表した。新たな治療法の可能性を示す発見だという。

研究チームは、ある乳がん患者を対象に、病気の3段階において、DNAの数十億個の文字列をすべて解析した。解析に要した期間はわずか数週間。DNAの全解析は世界初だ。

細胞は通常、死ぬまで分裂を繰り返すが、このときDNAの遺伝子コードは新しい細胞にそれぞれコピーされる。DNAの文字のスペリングミス、つまり突然変異が起こって新しい細胞を制御できなくなった時に、がんが発生しうるという。

研究チームは、女性の健康な細胞、がんと診断されたときの局所腫瘍(しゅよう)、その9年後に転移したがん細胞について、それぞれ突然変異がないかを調べた。

DNAの突然変異は、初期の腫瘍には5個あり、転移したがん細胞では32個に増えていた。初期の5つの変異がのちにがんの発症の一因となることは、以前には知られていなかったことだという。
 
研究チームは、初期の腫瘍と転移したがん細胞の両方を分析することは、乳がんの要因の理解を深め、患者個別の治療薬の開発にもつながると期待を寄せている。(c)AFP/Deborah Jones
タグ:がん細胞

乳がんと保険

乳がん闘病を語るハリポタのマクゴナガル先生

ハリポタの「マクゴナガル先生」、乳がん闘病を語る

映画「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズのマクゴナガル副校長でおなじみの女優マギー・スミスさん(74)が、5日付けの英タイムズ紙で、2年にわたる乳がんの闘病生活について語った。

医師から完治したと言われたスミスさんだが、現在は当惑してしまい舞台に戻る自信がないという。

病気は人を打ちのめしてしまう。

映画の方がもっと疲れるけれど、舞台にも戻れるかどうかわからない。

舞台に出るのが怖くて不安。

しばらくやっていないから

スミスさんはさらに、昨年、胸部にしこりを見つけたときのことを語った。

少し変な感じがしていた。数年前にしこりを見つけたときは良性だったから、大変なものだとは思わなかった。
今回も良性だと思った

「自信を砕かれたような感じ。未来のことはわからない。

もう若くないから、この先に多くのことが待っているとは考えられない」

さらに、今夏公開された『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の撮影についても赤裸々に語った。

「髪の毛が抜けてしまった。かつらを付けることには何の問題もなかった。まるでゆで卵のような頭だった」

スミスさんは化学療法で非常に気分が悪くなり、手すりにつかまりながら、「もう耐えられない」と思ったという。

 そんなスミスさんだが、シリーズ最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝』の撮影には、たとえ「よろめいて」でも参加する予定だと話した。撮影の間は闘病のことは忘れたいという。

「この数年間は『役立たず』だったが、今は人間らしくなった気がする。エネルギーが戻ってきた。災難は起こるもの。

自分を取り戻さなければ」

スミスさんは英国アカデミー賞で主・助演女優賞を5度受賞、オスカーを2回獲得している。

中でも、1969年の『ミス・ブロディの青春』でのオスカー獲得が有名。
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。