世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

ピンクリボン

パナレーサーから「ピンクリボンモデル」が限定発売

パナソニックポリテクノロジーは、乳がんの早期発見・治療の大切さを伝えるピンクリボン運動に賛同し、NPO法人J.POSHのオフィシャルサポーターとして、「ピンクリボンモデル」のタイヤを発売した。

 年々増加しているサイクリストへピンクリボン運動を呼びかけると共に、売上げの一部をJ.POSHピンクリボン基金へ寄付することで運動を支援する。

商品名:Panaracerピンクリボンモデル

サイズ:700×23C(平均重量:230g)
    650×23C(平均重量:210g)
    26×1.25(平均重量:220g)

カラー:ピンクトレッド/ホワイトスキンサイド

特長:ピンクリボン運動をイメージしたカラー構成
   ZSGコンパウンドの採用で走行性能も追求   

参考価格:3550円/本(税込)
      
ピンクリボン運動協賛商品として、売上げの一部がJ.POSHピンクリボン基金へ寄付されます。
※発売は7月末、3サイズ合計で3800本の限定販売となります。

検診啓発運動 川村カオリ

検診啓発運動をしていた、歌手の川村カオリさん死去。

歌手の川村カオリさん死去

歌手の川村カオリさんが28日午前11時1分、乳がんのため東京都内の病院で死去した。38歳だった。
葬儀は近親者で行う。川村カオリさんは2004年に乳がんを患い、検診啓発運動に積極的にかかわっていた、フジテレビの番組で乳がんと戦いながらのコンサートの様子を見て心配し涙したのですが、とてもざんねんです。

ご冥福をお祈りします。

ニッポン放送、川村さん緊急追悼特番を決定 

ヒット曲「神様が降りてくる夜」「翼をください」などで知られる歌手、川村カオリさんは、乳がんの再発、転移に立ち向かい、必死にマイクを握ってきた川村さんだったが、入院先で力尽きた。

(サンケイスポーツ)
タグ:川村カオリ

乳がんと保険

乳がん検診に関する調査結果、2009年乳がん検診無料対象者数は約447万人と推計

乳がん検診に関する調査結果

矢野経済研究所は、がん予防医療に関する調査を実施し、2009年の都道府県別乳がん無料検診対象者数と当該検診で使用されるマンモグラフィー(乳房X線検査)の都道府県別の充足率を公表する。

2007年6月の厚生労働省「がん対策推進基本計画」で「がん検診5年以内受診率50%」が示され、2009年度補正予算の「女性特有のがん検診に対する支援」によって、対象年齢における検診無料化が決定した。
その一方で、乳がん検診の検査項目となるマンモグラフィー(乳房X線検査)の都道府県別の充足度合いに地域格差が生じ、問題となっている。

女性特有のがん検診に対する支援(2009年度補正予算)による検診無料対象者となる年齢は、乳がんで40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、子宮がんで20歳、25歳、30歳、35歳、40歳である。2009年のがん検診全体の対象者数は全国で約850万人、そのうち、乳がん無料対象者は約447万人に上ると推計する。乳がん検診無料対象者を都道府県別にみると、最も多いのは東京都の約43.7万人、次いで大阪府約31.1万人、神奈川県約30.9万人、埼玉県約25.0万人、愛知県約24.9万人の順である。最も少ないのは鳥取県の約2万人、次いで、島根県約2.4万人、高知県約2.7万人、福井県と徳島県の約2.8万人の順となっている。

2009年の乳がん検診で使用されるマンモグラフィーの充足度合い注を都道府県別に比較すると、最上位の徳島県では7.9ポイントに対して、最下位の埼玉県では14.6ポイントと2倍に近い格差が生じている。なお、乳がん検診無料対象者数の最も多い東京都は10.0ポイントと全国8位に位置し、全国平均は11.4ポイントとなっている。

新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。