世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がん

乳がん撲滅チャリティコンサート

南林間の大和成和病院(南淵明宏院長)で4月14日、米在住のソプラノ歌手Seiko Leeさんのミニコンサートが開かれ、入院患者や家族、医師らおよそ100人が「癒し、癒される」ひと時を過ごした。

このミニコンサートは、4月17日に生涯学習センターで行われる市制50周年記念協賛事業「乳がん撲滅チャリティコンサート」に出演するため来日したSeiko Leeさんがボランティアで同院を慰問したもの。

大和成和病院は、院長で心臓外科医の南淵明宏氏を中心に「Tenderness(痛みの分かる優しさ)」の理念のもと「人間中心」の医療とケアを患者に提供している。

医療法人社団公仁会(金公一理事長)が運営する同院が平成20年の1年間で実施した心臓血管手術は国内トップクラスの646件。

 院長の南淵医師は、2月の市制施行50周年記念表彰で大和市特別表彰を受賞している。

患者に勇気

病院ロビーで行われたコンサートでは、Leeさんが「アベマリア」や歌劇『蝶々婦人』の「ある晴れた日に」、「アメージンググレイス」など全8曲を披露した。

2日後に心臓手術を控える60歳代の男性患者は「歌声を聴いて勇気をもらった」と話すなど、歌声に感極まり涙する患者もいた。

Leeさんは「南淵先生のお考えに感動して訪問させて頂いた。患者さんや先生方を癒せればと思っていたが、私が癒されました」と話していた。

4月17日 18時から

乳がん撲滅チャリティコンサートは17日18時開演。全席自由3千円。収益金は「ピンクリボン運動」などに寄付される。問い合わせは実行委員会/電話046(261)6870へ。


タウンニュースより

乳がんと保険

余命1ヶ月の花嫁 会見

榮倉奈々が純白のウェディングドレス姿を披露。

07年にガンのため24歳で亡くなった長島千恵さんの実話を映画化。

余命1ヶ月の花嫁」の完成披露会見が、4月8日、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナで行われた。

主演の榮倉奈々、瑛太、安田美沙子、柄本明、廣木隆一監督が登壇し、榮倉は劇中で使用したウェディングドレス姿を披露した。

本作は、07年7月にTBS系でドキュメンタリー番組として放映され、同年12月には書籍化もされるなど大反響を巻き起こした「余命1ヶ月の花嫁乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ」を映画化したもの。

乳ガンに冒され、余命1カ月を宣告されたヒロイン・千恵(榮倉)が、恋人の太郎(瑛太)や家族、親友に支えられながら24年の人生を生き抜く姿を描く。

乳ガン検診の大切さと生きることの素晴らしさを伝えるため、闘病中に自ら取材を受けることを希望したという千恵さん。

そんなヒロインを演じた榮倉は、「彼女の想いを伝えるために今でも多くの方が活動している。

ヒロインを献身的に支える恋人役を演じた瑛太は、「順撮りだったこともあり、2人が出会ってから愛に満ちた生活を送るまでをすごく自然に表現できた。

「自らTV番組に出て自分の想いを伝えようとした千恵さんのことを、この映画を通じてたくさんの人に知ってもらいたい」とメッセージを送った。

余命1ヶ月の花嫁」は5月9日より全国公開。

また、現在映画と連動して、20〜30代の女性が1000円で乳ガン検診を受けられるキャラバン“さくらパンダ前線キャンペーン”を全国28カ所で展開中。

[eiga.com 映画ニュース] 

乳がんと保険

医療業界の常識を覆す禁断のノウハウが遂に解禁

本日は取り急ぎお知らせです。


〜医療業界の常識を覆す禁断のノウハウが遂に解禁〜

『井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)』

もし、90日間メディカル・イーティングを実践してガンが改善・回復されたと実感できなければ、 購入代金を全額ご返金いたします。
癌の治療と言えば西洋医学が主流の現在において、返金保証は医療業界ではタブーとされていますが、これまでに様々なガン患者を治癒へと導いてきた自信と実績があります。詳しくは下記より。

【3ヵ月でガンが改善されなければ全額返金!】

医師や病院に頼らず、自分自身で、そしてご自宅でご家族と一緒にガンを改善していく食事療法を紹介した実践書。メディカル・イーティングは治癒レベルの食事法なので、医師に見放されてしまった方、あるいは余命を宣告された方にも安心して実践いただくことができ、なおかつ完治後の再発防止にも効果がある大変優れた食事療法です。ノーベル賞にも推薦された世界的権威の食養理論を井上先生が継承・発展、他では手に入りません。

タグ:ガン篇

乳がんと保険

乳がんの早期発見を訴える

乳がん「一刻も早く検診を」
74年には「愛の告白」でグラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀女性歌唱賞を受賞している。

オリビア・ニュートン=ジョンさんが、乳がんの自己検診を補助するキットをPRするため、3年ぶり10度目の来日。



習慣にしていた自己検診で43歳の時に胸にしこりを感じ、乳がんがわかった。

幸い早期で、手術と抗がん剤で克服。

以来、歌手活動の傍ら、がん早期発見の啓発に力を注いでいる。

年内にもオーストラリアの病院内にがんセンターを着工することを明かした。

新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。