世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がん

緑茶とキノコに乳がん予防効果、複合効果も

【3月18日 AFP】キノコを食べ緑茶を飲んだ中国人女性は、乳がんの発症率と発症後の悪性化の度合いが大幅に減少したとする報告を、オーストラリアの研究者らが18日学会誌「International Journal of Cancer(国際がんジャーナル)」に発表した。

研究は、西オーストラリア大学(University of Western Australia)のMin Zhang氏のチームが行っている植物化学物質のがん抑制効果の研究の1つ。
Min氏は、中国南東部、杭州(Hangzhou)の女性2018人を対象に、2004年7月から05年9月までの期間で食生活を調査した。

女性の半数は、乳がんを発症している女性を集めた。

世界的に、乳がんは女性が最も発症しやすいがん。
Min氏によると、中国における乳がんの発症率は、先進国と比較しておよそ4-5倍低かった。

Min氏は、AFPに「中国の更年期前と更年期後の女性、いずれの場合も、キノコを多く食べることで乳がんの発症率が減少した。
また、キノコと緑茶による複合作用で、乳がん発症率がさらに低下することが分かった」と語った。

Min氏は、「乳がんの発症率は、最もキノコを多く食べた場合に激減した」と述べた。
生のキノコと乾燥キノコはどちらも同様の効果があるという。

約10グラムのキノコ(マッシュルーム1個分未満)を毎日食べるだけで、有益な効果が得られるという。
Min氏の研究によると、最もキノコをよく食べるグループの女性は、キノコを全く食べないグループと比較して、発症率が3分の2減少した。

また、Min氏は、キノコと緑茶の摂取が、乳がん発症リスクを抑制するだけでなく、すでに発症したがんの悪性化を抑える効果もあることを突き止めた。

Min氏は、キノコ単体ではなく緑茶とキノコを摂取した場合により効果が高まるという事実が、世界的にみた中国人女性の乳がん発症率の低さを部分的に説明していると述べ、「われわれの知る限り、キノコと緑茶の乳がんに対する複合作用を研究したのはわれわれが初めて」と語った。

「仮にわれわれの研究結果がほかの研究成果によって一貫性を確証された場合、安価な食材によって乳がんを予防することができる可能性が出てくる」

発信地:シドニー/オーストラリア

乳がんと保険

乳がん撲滅チャリティーで熱いパフォーマンスのテイラー・ヒックス

15日、パサデナでチャリティーイベント「Race for the Cure」が行われ、ミュージシャンのテイラー・ヒックスが登場。

同イベントは乳がん撲滅のために活動する団体Susan G. Komen for the Cure主催で開催。

今年で3回目を迎える。

参加者がランニングまたはマラソンに参加。

毎年、一万人以上の市民が参加し、乳がんへの認識と注意を喚起する。

また、集められた寄付金は乳がん防止の活動に使われる。

同日は、米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』でデビューしたテイラー・ヒックスがパフォーマンスに登場。

また、日本でも人気を集めるTVドラマ『CSI:マイアミ』に出演するエミリー・プロクターが登場し、乳がんへの注意を呼びかけた。

乳がん

広範囲ながん種に有効ながんワクチン及び免疫細胞療法の開発を加速

メディネット、HSP105由来がん抗原ペプチドの権利取得

株式会社メディネットは、国立大学法人 熊本大学及び財団法人くまもとテクノ産業財団と、それぞれ、HSP105由来がん抗原ペプチドの特許権利譲渡に係る契約を締結いたしました。

HSP105*1は、大腸がん、膵がん、乳がん、食道がん等の多くの症例において過剰発現が確認されているタンパク質です。

メディネットは、国立がんセンターと共同で、HSP105由来抗原ペプチドの有用性の検証及びがん抗原特異的CTL療法に係る新規技術の開発を行なっておりますが、その中間成果と進捗を踏まえ、今般の権利取得に係る契約締結により、共同開発を強化、加速するものです。

これにより、広範囲ながん種に有効ながんワクチンや、樹状細胞ワクチン療法*2 、CTL療法等の実現が期待され、メディネットが提供する免疫細胞治療技術の幅がさらに広がることで、より個別化されたがん治療の実現に寄与できるものと考えております。
尚、本件の業績に与える影響は軽微であります。

*1:HSP105
 HSP105 (Heat Shock Protein 105)はストレスタンパク質に分類される。大腸がん、膵がん、乳がん、食道がん等の多くの症例で高発現するタンパク質で、正常では精巣に高発現している。HSP105が高発現していることが確認された場合、HSP105由来がん抗原ペプチドを用いることにより、抗原特異的な免疫治療が可能となる。

*2:樹状細胞ワクチン療法
樹状細胞は、がん細胞を貪食することによりがん抗原を認識し、T細胞に提示することで、同じ抗原を持つがん細胞に対する抗原特異的細胞傷害性T細胞(CTL)を誘導する役割を担っている。この機構を利用した免疫細胞療法が、樹状細胞ワクチン療法。

平成21年3月10日

株式会社メディネット

関連リンク

乳がん

JUJU、映画『余命1ヶ月の花嫁』主題歌に決定

歌手のJUJUが、5月9日(土)より公開される映画
余命1ヶ月の花嫁』の主題歌を担当することがわかった。

JUJUが映画主題歌を手がけるのは、昨年10月に公開された映画『しあわせのかおり』の主題歌「空」に次き、4度目。

今回、『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌に決定したのは、R&Bシンガー・JAY’EDとタッグを組み、4月29日(水)に発売される新曲「明日がくるなら JUJU with JAY’ED」。

同映画は、一昨年前TBS系にて放送されたドキュメンタリーが題材にしたもので、乳がんと闘い24歳で亡くなった長島千恵さんとその恋人・赤須太郎さんの愛を描いた作品。出演は、長島さん役に榮倉奈々、赤須さん役に瑛太。

乳がんと保険

乳がん治療に伴う「CAL組織増大術」費用は医療費控除

東京国税局はさきごろ、医療機関の経営等を行う企業からの照会に応える形で乳がんの治療に伴い乳房を失った患者に対する「CAL 組織増大術」を用いた乳房再建手術費用医療費控除の対象となることを文書回答した。

乳がんの治療では、がん細胞の摘出手術の際に転移の可能性を少なくするため乳房を切除することもあり、患者によっては乳房再建術をするケースも。今回、その乳房再建術の1つである「CAL組織増大術」について、@従来からの乳房再建手術として一般的な生理食塩水やシリコン等の人工物を挿入する方法や自己の皮膚や脂肪を移植する方法などに比べ、体内における人工物の破損や異物に対する拒絶反応、移植した組織の壊死や石灰化等のリスクが少ない、A乳がんの治療において、一般に腫瘍の除去とともに乳房の切除が行われており、乳房の概観を復元させることは乳房を原状に回復させる行為であり、また乳がんの治療に伴い乳房を失った患者に行われる乳房再建手術は乳がん治療の一部を構成するもの、B医師によって手術が行われていることなどを理由に、この費用は医師による診療等の対価で通常必要と認められることから、医療費控除の対象となる医療費に該当するとしている。

この照会に対し東京国税局は、事実関係を前提とする限り、医療費控除が適用できると回答した。
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。