世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

イギリスで着床前診断で乳がん遺伝子ゼロの女児誕生。

英国の27歳の女性が同国で初めて、着床前遺伝子診断で乳がんリスクを高めるBRCA 1と呼ばれる遺伝子を持たない受精卵を選び妊娠、女児を出産した。
ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(University College London、UCL)の医師団が9日、発表した。母子ともに健康だという。

女性は夫の家系に乳がんの発症が多かったため診断を希望した。

医師団は、娘に遺伝しないとの保障が得られて夫婦は胸をなで下ろしていると話した。

BRCA 1を持つ女性では、乳がん発症率は80%、卵巣がん発症率も60%に上る。

また、子どもに遺伝する確率は50%だという。

着床前遺伝子診断は英国でも2006年に認可され、嚢(のう)胞性線維症などの疾病について体外受精による受精卵のスクリーニングに利用されている。

英国では比較的珍しいが、米国やベルギーでは乳がんリスクのスクリーニングとして行われている。

乳がん

女性病気。乳がん診察!

女性病気乳しこりから乳がんについて知っておきましょう。

乳がん 診断

1)レントゲン撮影(マンモグラフィー)
マンモグラフィーは乳房を装置に挟んで圧迫しX線撮影する検査です。触診では見つからないような小さながんが見つかることがあります。定期検診として45〜50歳以上の女性に対して、年1回のマンモグラフィー検査を実施している市町村もあります。

2)乳腺のその他の画像検査
しこりががんであるかどうかや病変の拡がりを診断するために、乳腺の超音波検査、MRI検査、CT検査なども有用です。

3)穿刺吸引細胞診と針生検
しこりが見つかった場合、しこりに細い注射針を刺して細胞を吸いとって調べる「穿刺吸引細胞診」により、80〜90%の場合ではがんかどうかの診断が確定します。さらに多くの情報を得るために太い針を刺してしこりの一部の組織を採取することもあります(針生検)。触診では明らかなしこりを触れず、画像検査だけで異常が指摘されるような場合には、マンモトーム生検と呼ばれる特殊な針生検を行うこともあります。

4)遠隔転移の検査
乳がんが転移しやすい遠隔臓器として肺、肝臓、骨、リンパ節などがあります。遠隔転移があるかどうかの診断のためには、胸部レントゲン撮影、肝臓のCTや超音波検査、骨のアイソトープ検査(骨シンチグラフィ)などが行われます。

「国立がんセンターがん対策情報センター」より
http://ganjoho.ncc.go.jp/
タグ:女性病気
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。