世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

乳がんの早期発見・早期検診・早期治療を啓発するための『ピンクリボン運動』

ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。

アメリカで1980年代から盛んになった市民運動の思いを表しています。
日本では乳がんは増加の一途をたどっています。

30歳から64歳までの女性のがん死のトップが乳がんであり、
その世代はnissen,をご利用いただいている多くのお客様に当てはまります。

「nissen,」カタログ巻頭企画として、売上の一部が寄付となるテーマ商品を販売。


nissen,では乳がんの早期発見・早期検診・早期治療を啓発するための『ピンクリボン運動』を支援し、
一人でも多くの女性を守りたいとの考えに賛同されるかたは。

詳しくは、(財)日本対がん協会HPへ http://www.jcancer.jp/

乳がんと保険

トニ・ブラクストン、良性腫瘍切除を公表。

今年10月から人気テレビ番組"Dancing with Stars"への出演を取りやめていたベテランシンガー、トニ・ブラクストン(Toni Braxton)が先月手術で胸部の良性腫瘍を切除したことを明かした。

親族に乳がん患者の多いというトニ・ブラクストンだが、病院は今年8月彼女の胸に腫瘍を発見。緊急を要する状態でなかったため医師から許可を得たトニ・ブラクストンは、その後予定通りタレントがプロダンサーと共にペアダンスに挑戦する"Dancing with Stars"に出演していた。しかしその後の経過で医師は10月に彼女のコンテスト出場を制限、先月手術を受けていたとのこと。

手術を無事終えたトニ・ブラクストンは「私はとても幸運だった。人種や主義、肌の色に関係なく、誰もが癌になる危険にさらされているのよ」とコメントしている。

乳がんと保険

毎年6000人が新たにがんを発症

ホーチミン市:毎年6000人が新たにがんを発症

ホーチミン市がん治療病院で4日に開かれたセミナーで、同市がん学会のグエン・チャン・フン会長は、毎年同市で5500〜6000人が新たにがんを発症していると明らかにした。男性は肺がん、肝臓がん、胃がんの発症が多く、人口10万人当たりのり患率は、肺がん28、肝臓がん25。女性では乳がん、子宮けいがん、肺がんが多く、り患率は乳がん19、子宮けいがん15。これらのがん患者の半数以上が、診断を受けたときにはすでに手遅れの状態になっているという。

タグ:がんを発症

乳がん

乳がん治療の後発薬をめぐる特許訴訟でノバルティスと和解後発医薬品メーカーの米マイラン

後発医薬品メーカーの米マイラン(Mylan)は2日、ノバルティスの乳がん治療薬「フェマーラ(Femara)」(一般名:レトロゾール)の後発薬をめぐる特許訴訟で、ノバルティス(Novartis)と和解したと発表した。

マイランのロバート・R・クリー副会長兼最高経営責任者は「和解に至り非常に喜んでいる。これで再び、高品質で安価な医薬品を患者に提供できることができるようになった」と語った。

契約の条件に従い、マイランは米国特許番号4,978,672をノバルティスからライセンスし、同特許の有効期限切れ前にレトロゾール錠を販売する。その他の条件は開示されていない。また同契約は、米司法省および連邦取引委員会の審査を前提としている。

レトロゾール錠の米国における売上高は、9月30日末までの12ヶ月間で約4億7,000万ドル。

IP NEXT ニュース
タグ:乳がん治療
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。