世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

乳がん克服したK・ミノーグの影響、豪でマンモグラフィー受診者増加

オーストラリア人歌手カイリー・ミノーグさんが乳がんの発症と闘病を告白したことで、乳がんを診断するレントゲン撮影「マンモグラフィー」を受診する女性が増えているという。オーストラリアの国立乳癌・卵巣癌センターが27日、発表した。

ミノーグさんは2005年、36歳のときに乳がんと診断された。そのほかにも、有名人としては米女優クリスティナ・アップルゲイトも乳がんを告白している。

同研究センターのヘレン・ゾーバス医師は、こういった有名人の影響で、若い女性の間に乳がん検診を受ける人が増えているのではないかと説明する。

しかし一方で、このいわゆる「カイリー効果」が功を奏していない部分もあるという。

ゾーバス医師によれば、増加したマンモグラフィー受診者は主に40歳以下の女性。しかし、オーストラリアで毎年乳がんが発覚する女性1万2000人のうち、40歳以下の割合はわずか6パーセント。さらにマンモグラフィーは40歳以下の女性の乳がん細胞の発見には効果がないというのだ。

マンモグラフィーは高齢の女性の乳がん発見に効果が高い。40歳以下の女性と高齢の女性とでは、細胞組織が違うため、40歳以下の女性にマンモグラフィーは効果的ではないという。

ゾーバス医師は、若い女性にとっての効果的な乳がん発見方法は、まずは自分の体を良く知り、乳房の変化や病気の兆候に早めに気付くことだと説明している。

【10月28日 AFP】

乳がん

乳がん基金パーティーに出席したスターたち

23日午後、
ソウル市江南区新沙洞のウエディング・ハウス
「Villa de Bailey」(ヴィラ・ド・ベイリー)で
「2008乳がん基金パーティー」が行われた。


このパーティーにはオ・ヨンス、キム・ヒョンジュ、チャ・イェリョン、チャン・ミイネ、オ・ジホ、ワン・ビンナ、チャン・ミヒ、パク・イェジン、ユン・ジンソ、チョン・リョウォン、イ・ジョンジェ、ハン・ジヘ、キム・ユミ、キム・アジュン、チャ・スヨン、ホ・イジェ、キム・ギボムらが出席、華を添えた。


ファッション・マガジン「W」(発行人:パク・ヨンマン)主催で開かれたこのパーティーは、

2006年から始まった乳がん啓発キャンペーン「Love your W−あなたのバストを愛しましょう−」の一環で、
韓国を代表するセレブたちとともに乳がん予防や早期発見の大切さを伝えることを目的にしている。
タグ:乳がん基金

女性 疾病

乳がんを主な対象とする新たな測定項目

臨床検査3件の保険適用を承認―中医協

中央社会保険医療協議会
(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は
10月22日の総会で、乳がんを主な対象とする新たな測定項目
「サイトケラチン(CK)19mRNA」(シスメックス)のほか、
「UDPグルクロン酸転移酵素遺伝子多型」(積水メディカル)、 「1,25ジヒドロキシビタミンD3(1,25(OH)2D3)」
(医学生物学研究所)の臨床検査の保険適用を承認した。

政府(厚労省他)
タグ:乳がん

乳がんと保険

乳がんのためのチャリティーイベント

【10月16日 AFP】米ニューヨーク(New York)のロックフェラーセンター(Rockefeller Center)で14日、高級デパート、サックス・フィフス・アヴェニュー(Saks Fifth Avenue)が主催する乳がんのためのチャリティーイベント「Key To The Cure」が開催され、女優のリンジー・ローハン(Lindsay Lohan)をはじめ多くの著名人が登場した。(c)AFP/Getty Images

女性 疾病

乳がん研究基金

乳がん研究基金「Breast Cancer Research Foundation」のキャンペーン・イベントにエリザベス・ハーレイが登場

高級百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」にて行われた乳がん研究基金「Breast Cancer Research Foundation」の乳がん早期発見啓発キャンペーンに、女優のエリザベス・ハーレイが出席した。

「Breast Cancer Research Foundation」は化粧品ブランド「エスティローダー」の会長夫人=イブリン・ローダーが設立した乳がん研究基金

化粧品からヘルスケア用品、食品と様々なものを別企業とプロデュースしており、その売り上げを乳がんの防止と治療に役立てる。

ハーレイは10年以上スティローダーのスポークスモデルとして活躍し、現在同社の乳がんに対する活動に積極的に参加している。

[10月06日 TimeWarp]
タグ:女性病気

乳がんと保険

乳がん再発 「私の生き方は変わりません」

辻仁成さんがプロデュースしたCD「ZOO」で1988年にデビューし、
「神様が降りてくる夜」「翼をください」のヒットで知られる歌手、
川村カオリさんが2008年10月1日のブログで、乳がん再発を告白した。

「私、川村カオリは現在乳がんの再発と闘っています」。現在、
リンパ節、骨、肺の3か所へと転移しているという。

川村さんは「運命というのは決められているのでしょうか」と胸のうちを綴る。そして、人生を思う。

「自分は何故生まれたのか・・・
自分のすべき事はなんなのか・・
自分とは誰をさすのか・・・
自分である定義とはなんなのか・・・

そんな答えの見つからない事を自問自答した・・」
再発を聞いたときには、納得がいかなくて、受け入れることができなくて、言葉にするには時間が必要だった、ともいう。それでも、川村さんは「私の生き方は変わりません」と読者に伝える。

「あるがままに・・・なるようにしかならないさ・・・」と。

まるで歌詞のような文章の終わりは「たまには皆さんの力をお借りする事もあるかもしれません。その時は宜しくお願いします」と、結んでいる。
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。