世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

女性病気「女性保険」

【女性保険】とは、特に女性に限って多く発症する病気に対しての保障に優れた医療用の保険のことを言います。
その特性から対象を女性に限定しています。

女性にしか発症しない病気はもちろんのこと、その他の病気やケガなどについても保障しています。

保険での支払いには通院給付金や入院給付金などがあり、【女性保険】に加入していると、女性特有の病気にかかった時、他の保険に比べて保障が手厚いようです。

女性特有病気には子宮がん子宮内膜症、卵巣のう種、乳がん、乳腺症などが
あり、【女性保険】とはこれらを対象に保障しているものが多いようです。

また妊娠の際や分娩、産後の産じょくの合併症、そして流産などをカバーしてくれる【女性保険】もあるようです。

また関節リウマチを対象にしている【女性保険】も。

【女性保険】の保障内容や保障の対象には何があるか、サイトで【女性保険】について調べてみると良いでしょう。

乳がんと保険

女性病気のために がん保険

がん保険とは、通常の医療保険と違い、がんによる手術・入院のみを保障する保険です。がんに限っているため、広範囲の医療保険に比べて保険料が安い場合が多いです。家系にがんの人が多いなど、がんに対するリスクを感じている場合は入った方が安心です。
もしも、私ががんになったら…。中高年になると、いろんな病気に対する心配が出てきますが、とりわけがんは怖いというイメージが強いのではないでしょうか? そのようなリスクを回避するために、がんだけに特化した保険ががん保険です。他の医療保険に比べて保険料が安い場合が多いです。
がんになったら、がんになったらもう手遅れと考えている人が多いのではないでしょうか? がんという病気についてできるだけ意識から遠ざけようという気持ちは分かりますが、がんは治らない病気ではありません。そのためにもがん保険という専用の保険が用意されています。
病気やけがなどを保障する医療保険とは、違って、がんのための手術や入院のみをサポートする保険です。がん保険はがんになった時に受けられる保障が非常に大きいのが特徴です。特約をつけることでがん以外の病気やけがにも保障がつきます。通常の医療保険に比べて安いのもメリットがあります。
2004年における死亡原因のトップはがんで、31.6%、3人に一人ががんで死ぬ時代、がんに対応するためのがん保険は強い味方になります。がん保険は、がんになった場合に受けられる保障が手厚いのが特徴です。またがんに特化しているため、料金も他の医療保険に比べて安くなる傾向にあります。

乳がんと保険

定期的に乳がん検診を受けている日本人女性はわずか12%?リース・ウィザースプーン悲しむ!

リース・ウィザースプーンが女性支援活動のPRで初来日

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞した女優のリース・ウィザースプーンが11日、都内で行われた化粧品メーカー「エイボン」の寄付金付き製品「ウィメンズ・エンパワメント・ブレスレット」の発表会見に出席した。

同製品は乳がんやDV(ドメスティック・バイオレンス)に悩む女性を支援するために作られたもので、日本や韓国、台湾をはじめアジア各国で販売。日本では500円で販売され、その収益は同社とパートナーシップを締結したユニフェム(国連女性開発基金)に寄付される。同社は120年以上にわたって女性の支援に取り組み、乳がん早期発見を支援する世界最大の企業としても知られ、これまでに5億2500万ドル以上の寄付を行っている。

これらの支援活動に賛同したウィザースプーンは昨年、同社の初代グローバル・アンバサダー(親善大使)に就任。今回がアンバサダーの海外初仕事で、来日も初めてとなる。会見前には乳がん体験者との会談やお茶会に出席し、「日本の伝統的なイベントに参加できて光栄です。とても癒され、乳がんを体験した彼女たちの勇気にも心が高ぶりました」と感激の面持ち。

その一方で「定期的に乳がん検診を受けている日本人女性はわずか12%であることを聞き、悲しくなりました。しかも、専門医や検査機器が不足していて、乳がん対策が遅れています。一人でも多くの女性が乳がんを克服できるよう支援していきます」とコメント。さらに「世界では1/3にあたる10億人もの女性が、人生の中で何らかの暴力を受けています。これはとても残念なことです。女性が安全で健康に暮らせる世界にしていきましょう」と力強く訴えていた。

乳がんと保険

がん検診 受診率50%以上に

公明党がん対策推進本部(本部長=浜四津敏子代表代行)は27日、衆院第2議員会館で会合を開き、昨年(2007年)6月に閣議決定した「がん対策推進基本計画」の進ちょく状況について、厚生労働省と総務省からそれぞれ説明を受け、意見交換した。坂口力、井上義久両副代表、古屋範子事務局長(衆院議員)らが出席した。

同推進基本計画は、がんの早期発見のため、がん検診の受診率の目標を「5年以内に50%以上」と明記。

また、この計画を踏まえ、各都道府県は、がん対策推進計画を策定する。

浜四津代行らは、受診率50%以上をめざし、国と地方自治体、企業などが一体となった推進を急ぐよう要望した上で、青森県などがんの死亡率が高い都道府県について、「受診率との相関関係を分析するなど、より丁寧なサポートをすべきだ」と訴えた。
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。