世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がん

乳がんであることも告白した。


宮崎は1994年に結婚後、渡米。95年に長男、97年に二男を出産。03年にハワイへ移住したが、05年に帰国。女優活動を再開し、乳がんであることも告白した。宮崎は22日に公式HPで正式発表する。

宮崎ますみ、離婚していた…「婦人公論」で告白 

女優の宮崎ますみ(40)が15歳年上のビデオカメラマンと離婚していたことが21日、分かった。22日発売の「婦人公論」で告白している。

離婚の原因について「私が理想とする夫婦の形は、互いをさらけ出して本心で語り合い、ときにはぶつけ合って切磋琢磨していくものでした。しかし、彼は多くを語らないタイプ。徐々に彼とは深い部分で通じ合えないと感じ始めた」とつづっている。

乳がんと保険

乳がん「辞書」を改訂

乳がん「辞書」を改訂 患者会の小冊子

乳がん患者会「あけぼの会」は、小冊子「乳がんディクショナリー第4版」=写真=を作成した。変化のめまぐるしい乳がん治療の最新情報を反映するため、2年半ぶりに改訂した。

 乳がん診断、治療に関する医学用語を辞書形式でまとめたほか、「乳がん初期治療で使用される抗がん剤の種類」「転移性乳がん治療フローチャート」などテーマ別の解説もついている。

 1部500円(送料込み)。送付希望先の住所、氏名を明記し、100円切手5枚を同封の上、〒153・0043東京都目黒区東山3の1の4の701「あけぼの会」まで申し込む。問い合わせは同会((電)03・3792・1204)へ。


自分の価値と自信は、自分で作れます。どちらも、
自分の中から作ることができ、他人の力を借りる
必要はありません。自分の中には、驚くべき力の
源があります。


乳がんと保険

女性特有のがんとしては、乳がんや子宮がんが挙げられる。

性差医療 女性健康センター設立を

米国は10年先行、研究体制の整備急げ

男女で異なる症状

男女の違いを考慮した「性差医療」に関心が高まっている。近年では、性別によって病気の症状や治療の方法、効果が異なることが分かってきていることを踏まえ、性差医療は、女性に特有または女性に発症率の高い病気などに着目し、予防や治療を行う。女性の社会進出が進みつつある今、女性の健康を支える環境の整備を全力で進めていく必要がある。

女性特有のがんとしては、乳がんや子宮がんが挙げられる。女性が一番多くかかるがんである乳がんの死亡者数は年間1万人を超える。また、子宮の入り口付近にできる子宮頸がんも、20歳代の若年層で急激に増えており、早期発見に有効な検診の受診率向上などの対策は急務の課題といえる。

女性は、思春期における女性ホルモンの増加や妊娠・出産など環境の変化で、うつ病になりやすいといわれる。さらに、主に40歳代半ばから50歳代半ばにかけて現れる更年期障害も、女性にとっては大きな悩みとなる。閉経前後の女性ホルモンの減少に伴い、ほてりや不眠、異常発汗、不安感、動悸、めまい、イライラといった症状が現れる。

このほか、内閣府が、1000人当たりの疾患ごとの男女別通院数をまとめた資料によると、認知症や白内障、関節症、肩こり症では、女性が男性の約2倍から2.5倍も多く、自律神経失調症では3倍、甲状腺の病気では4倍超にも上っている。

疲労感などの自覚症状があるにもかかわらず、検査で異常がはっきりしない「不定愁訴」のある女性は相当数に上り、骨粗しょう症も圧倒的に女性に多い。

これまでの医療は、多くが男性をモデルに研究され、発展を遂げてきたが、そうした視点だけでは限界があるのは明らかだ。

「女性の健康」を守る施策に一貫して取り組んできた公明党は、女性特有の心身の症状に女性医師やスタッフがキメ細かく対応する「女性専門外来」にいち早く注目し、議会質問や署名活動を通じて、同外来の全国展開を積極的に推進してきた。

先日、党女性委員会がまとめた女性サポート・プランでは、女性の健康や医療について調査し、研究する「女性健康研究ナショナルセンター」(仮称)の設立を提案している。これは、各州に女性の健康に関する研究を専門的に行うセンターが設置されている米国をモデルに、「性差医療」の研究や情報発信の“拠点”をつくることを意図したものだ。情報発信の“拠点”ができれば、女性専門外来の質や専門性が格段に高まることが期待でき、研究に裏打ちされた男女の性差を考慮した正しい健康法を国民に提供できる。若い時期から性差に配慮すれば、将来的な生活習慣病対策、介護予防策にもなる。

社会全体で支えよう

性差医療は、もともと1990年代にアメリカを中心に提唱され、社会的・文化的な違いにも配慮する考え方に基づく。女性の平均寿命も長くなり、社会で働くことが当たり前になる中で、現在の日本の慣行や制度がうまく機能しなくなり、そのひずみが少子化傾向に拍車を掛けた。

もちろん、見直されるべきは医療だけでなく、男性も含めた社会全体で女性を支える姿勢であり、性差医療への関心が高まりつつある今だからこそ、研究センターを理想に終わらせることなく、確実に実現を図る必要がある。

公明新聞より

乳がんと保険

がん検診一律500円に 自己負担を一部値下げ

がん検診一律500円に 湖西市が来月から自己負担を一部値下げ


湖西市は、6月から始まる2008年度各種がん検診(5種類)の自己負担額を、値下げの一部実施により「一律500円」にする。受診率向上に向けて「ワンコインで手軽に受けられる」と、市民に割安感をアピールしていく。 (角雄記)

同市では07年度、大腸がんや乳がんの検診自己負担は500円だったが、胃がん検診は2000円、子宮がん検診は1500円、前立腺がん検診は1000円だった。受診率は胃がん23・8%(推計)、乳がん24・6%などと、国が「がん対策推進基本計画」(07年度策定)で5年以内に目指している「50%」までには開きがあり、今回の一律500円化を向上の弾みとしたい考え。70歳以上は従来同様に無料。

県内他市では、委託料が上がったことなどを理由に値上げした市もあり、値下げは極めて異例。集団受診に割引を設けている例などを除けば、胃がん検診では、浜松市が検診先や方法により1100−2500円、静岡市が1900円などで、湖西市の500円は半額以下となっている。

湖西市の対象となるがん検診は、胃がん、大腸がん、前立腺がん、子宮がん、乳がんで、実施期間は6月2日−10月31日。肝炎、骨粗しょう症の検査も同期間あり、自己負担額は500円。共立湖西総合病院(同市鷲津)など市内14機関で受けられる。

問い合わせは市健康増進課=
053(576)4794=へ。

乳がんと保険

乳がんと闘う福岡市城南区のジャズシンガー。

生きる喜びを歌に込めたい―。乳がんと闘う福岡市城南区のジャズシンガー、押淵玲子さん(49)が20日、音楽活動に復帰後、初めてとなるライブを開く。会場は福岡市博多区中洲3丁目のライブハウス「ゲイツ7」。「復帰ライブは一緒にやろう」と誓い合ったジャズ仲間とともに、再びスポットライトを浴びる。

押淵さんにがんが見つかったのは昨年6月。その10日ほど前、デビュー30周年の記念ライブを終えたばかりだった。左胸に「ピンポン球くらいのしこり」があり、がんは中期まで進行していた。

間もなく、半年間の抗がん剤治療を始めたが、1週間で髪がすべて抜け、副作用で手先の感覚が薄れた。覚悟はしていたが「もう二度と歌えないかもしれない」と絶望したことも数え切れない。

彼女を支えたのは記念ライブで同じステージに立ったメンバーの「復帰を信じている」という言葉。今年1月の摘出手術を乗り越え、4月には演奏活動を再開できるまでになった。

ただ、がんの再発を防止するため、ホルモン治療を今後10年続ける必要がある。「がんを克服できたわけではなく、今も闘病中」と押淵さん。1時間立っているだけで疲れ、全身から汗が噴き出る。腹筋に力を込めると、手術した左胸が痛む。

「体は元には戻らない。でも、生きていたいから、歌い続ける」。CDも発売し順調だった1年前までとは違うステージに向け、携帯酸素ボンベを使いながらの練習が続く。20日のライブは午後8時スタート。チケット代4000円。

問い合わせはゲイツ7=092(283)0577

=西日本新聞夕刊=

タグ:乳がん

女性保険 医療

単なる闘病記ではない 『余命1ヶ月の花嫁』 

24歳の若さで乳がんと闘って亡くなった長島千恵さんの愛と命のメッセージ。
昨年、TBSの番組で取り上げられて以来、大きな反響を呼び、今年、千恵さんの命日の翌日、5月7日に千恵さんの最後の1ヶ月に密着した「余命1ヶ月の花嫁 〜千恵さんが残したもの」と題して番組が放送された。
単なる闘病記というのではなく、生きること、人を愛すること、そして、愛されることの尊さを綴った1つ1つの言葉は、映像とはまたひと味違う形で心に響く。

【”コレ”を読むべし!】
TBS「イブニング5」で大反響があった同名ドキュメンタリー番組の書籍化。
イベントコンパニオンをしていた長島千恵さんは23歳の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんの診断を受けた。ちょうどその頃、赤須太郎さんから交際を申し込まれ、「一緒にがんと闘おう」という言葉に動かされ、交際がスタート。愛する人とともに病気と闘う決心をする。
一時期は仕事にも復帰したが、がんの進行は止まらず、胸膜、肺、骨にがんが転移。
父、恋人、親族は「余命1ヶ月以内」の宣告をうける。
しかし、最後まで明るさを失わず、愛し、愛され、支えられ、守られながら壮絶に生き抜いた24年の長島千恵さんのラスト・メッセージ。
過酷な現実と向き合いながら、精一杯に生きた長島千恵さんの生き方に共感と感動した。

『余命1ヶ月の花嫁』/

乳がんと保険

乳がん早期発見、街頭で訴え

乳がん早期発見、街頭で訴え

乳がんの患者や経験者らでつくる「あけぼの会」新潟支部が11日、乳がんの早期発見を訴える「母の日キャンペーン」を新潟市中央区のNEXT21前で行った。同会会員ら28人が参加。街頭で「月に1回は自己検診を」と買い物客らにアピールした。

同会は39都道府県に支部を持ち、乳がんを克服して社会復帰した人や、病気と向き合いながら生活している人たちが活動している。毎年母の日に合わせて全国で啓発活動を実施。県内には約85人の会員がいる。

街頭では、会員らが自己触診の正しい方法を記したポケットティッシュや、触診用のビニール手袋を行き交う女性たちに配布。「胸の違和感に気付きやすい手袋です。一度使ってみてください」「定期検診をもっと利用して」などと呼び掛けた。

2006年度、県内の乳がん検診受診率は14.3%にとどまる。同会支部長の内藤桂子さん(51)は「乳がんは自分でも異変に気付きやすい。触診や検診を心掛け、早期発見につなげてほしい」と話していた。


新潟日報

女性 疾病

女性病気。乳がん撲滅で球場をピンクに。

女性病気 乳がんの早期発見、治療を呼び掛ける「ブレストケア・ピンクリボンキャンペーンin広島実行委員会」は6月7日の広島東洋カープ対オリックスバファローズ戦で、広島市民球場(中区)のスタンド全体をピンクに染めるキャンペーンをする。2日、実行委とマーティー・ブラウン監督が発表した。

 当日は、女性病気乳がんの基礎知識を盛り込んだピンクのポスターを入場者全員に配布。攻守交代の間に一斉に掲げる。始球式の投手も乳がん患者や体験者から募る計画で、ブラウン監督は「正しい知識を普及させたい」と強調した。

 市民球場のキャンペーンは昨年5月に次いで2回目。球場前にはマンモグラフィー(乳腺エックス線撮影)車を置き、30歳以上の女性100人を無料検診する。要予約。


女性病気乳がん撲滅で球場をピンクに。
タグ:乳がん
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。