世界の高級ブランド ジェムケリー!


カスタム検索

乳がんと保険

切除した乳房の画期的な再建技術、来年ヒトで試験へ オーストラリア

豪メルボルン(Melbourne)のバーナード・オブライエン顕微鏡手術研究所(Bernard O'Brien Institute of Microsurgery)の医師団は12日、乳がんで切除した乳房の画期的な再建法について、ヒトを対象とした試験を来年早々に実施することを明らかにした。

同研究所は患者自身の脂肪細胞を使って乳房を再建する新しい方法を開発した。少量の脂肪細胞を入れた穴の開いたブラジャーのカップのような医療器具を胸に埋め込むもので、患者本人の血液を供給された脂肪細胞が空間を埋めるように増えていき、最終的に乳房の部分が脂肪で満たされるという。基本的に患者は違和感を覚えないという。

最初の被験者らは器具を取り除くために2回目の手術を受けなければならないが、数週間で溶ける生分解性の器具の開発も計画されている。医師団によると、これまでに幹細胞を使って乳房が再生されたことはあったが、このような手法は世界初だという。ブタでの試験はすでに成功しており、ヒトに対する試験が来年早々に始まる。

乳がんは女性がん患者の死因のトップとなっている。(c)AFP


乳がんと保険

乳がんの危険性を訴えパレード

南アフリカでビキニ姿の女性287人が大集合

南アフリカで、一風変わったセクシーなイベントが行われた。
ビキニ姿の女性287人が大集合し、乳がんの危険性をアピールしようと、ヨハネスブルクの街をパレード。

およそ2kmの距離を歩き、乳がんの早期治療、早期発見を訴えた。
参加者の中には、カメラに向かって投げキッスする女性もいた。
イベント主催者によると、ビキニ姿でパレードした人数としては世界最多という。

余命1ヶ月の花嫁

余命1ヶ月の花嫁

乳がんと診断された女性が、余命1か月と宣告されながら、最愛の人と共に病と闘う。

テレビ番組化された感動の実話の映画化で、カップル役の栄倉奈々と瑛太が好演。

廣木隆一監督。
2009年。
6日発売。
(本編129分、TBS)

乳がん基金イベント

乳がん基金イベントのフォト公開中

乳がん基金イベント

ケータイサイト「エンタメコリア取り放題」が4日、第4回Love Your W 乳がん基金イベント(10月29日、ウエディングホール「フラディア」〈ソウル市瑞草区〉)のフォトを公開しました。今回公開したのは、同イベントに出席した女優たちのフォト20枚。朝鮮日報日本語版が誇る高画質フォトでご堪能下さい。


 エンタメコリア取り放題は、熱愛、結婚、破局、騒動などなど、韓国芸能情報をどこよりも速くお伝えします。ニュースのほか韓国芸能界の事情通ジャーナリスト、野崎友子のコラムや、超高画質で話題のフォトニュース、無料ダウンロードがうれしい着メロ(※1)などコンテンツ満載。月額312円(※2)で韓国芸能界が丸わかり。ユーザー向けの豪華プレゼントイベントを毎月実施、メルマガ登録で携帯メアドが朝鮮日報日本語版のPCサイト、「エンタメコリア」のユーザーIDになるおトクなサイトです。(※1)通信料は別途必要です。(※2)ドコモとauは月額312円(税込)。ソフトバンクは315円(税込)です。


*アクセス方法


■メインメニューからアクセス


iモード版:「メニューリスト」→「芸能/タレント/お笑い」→「海外芸能」


EZweb版:カテゴリ(メニューリスト)」→「音楽・映画・芸能」→「海外芸能」


ソフトバンク版:「メニューリスト」→「芸能・映画・音楽」→「韓流・海外芸能」

がん検診

がん検診受けたことない女性は66%

理由は「タイミングが分からない」から

女性の63%は自分ががんにならないか不安に思っているが、66%の人は、がん検診を受けた経験がない、との調査結果をソニー損害保険が発表した。受けていない理由は「検診を受けるタイミングが分からない」が47%で最も多かった。

 国立がんセンターによると、女性の3人に1人(男性は2人に1人)は一生のうちにがんと診断される確率があるが、がんにかかった経験のない女性は60%はそれを知らなかった。認知度が4人に1人に満たない男性よりはがんのリスクを把握しているが、まだ多くの人ががんについて十分に理解していないと、ソニー損保は分析している。

 女性ががん検診を受けない理由としては、タイミングのほかに「今のところ体に異常がみられない」(43%)、「お金がかかる」(40%)、「時間がない」(34%)、「どこで受診すればいいか分からない」(32%)などがあった。また「異性の医師に診察されることに抵抗がある」(16%)といった声も多かった。

 がんは初期の段階で発見すると治癒の確率が高まるため、厚生労働省などは「がん検診受診率50%」を目指し、2009年から毎年10月の集中キャンペーンを始めた。Webサイトで市町村が実施するがん検診の問い合わせ先一覧を掲載するほか、子宮頸(けい)がん、乳がんの検診無料クーポンなどを案内している。しかしソニー損保では今回の調査結果をもとに、厚労省の目標達成にはまだ時間がかかると分析している。

 この調査は10月19日と20日に、15―49歳の男女各500人を対象にインターネット上で実施した。
タグ:がん検診

乳がん基金イベント

乳がん基金イベントのスターたち

乳がん基金イベントのスターたち

29日午後、漢江公園近くのウエディングホール「フラディア」(ソウル市瑞草区)で、「第4回Love Your W 乳がん基金イベント」が行われた。


このイベントには
チョン・ドヨン、チェ・シラ、ユン・ウネ、ハン・ジミン、チェ・ヨジン、ファン・シネ、ユン・ジンソ、ハン・ヘジン、チェ・ジョンアン、チェ・ガンヒ、イェ・ジウォン、イ・ヨンジン、ホン・スヒョン、ミン・ヒョリン、ハン・ジェソク、キム・ナムジンら

大勢の女優・俳優が出席した。


今年で4年目を迎えたファッション誌『W Korea』によるキャンペーン「Love Your W」は、乳がんに対する社会的な認識を高め、正しい情報を広めようという趣旨から始まったもの。

今回のキャンペーンで集められた基金は、乳がん検診バス運行や無料乳がん検診の機会提供に使われる。




朝鮮日報日本語版

イ・デドク記者

乳がん撲滅

乳がん撲滅のCD作成/紀の川市

乳がん撲滅を目指す「ピンクリボンキャンペーン」で、紀の川市がテーマソング「紀の川のほとりで」を作った。

CDで合唱を披露している市立上名手小学校(政本英嗣校長、児童65人)に27日、市の推進本部から感謝状や記念のCD80枚が贈られた。


曲を作ったのは、農水省から市に出向している田中卓二・農林商工部長。

学生時代からバンド活動を趣味とする田中部長は昨年秋、

「地域にふさわしい曲を」と自らテーマソングを作詞・作曲した。

歌詞には「僕は何ができるだろうか 君のために」と乳がん検診を呼びかけるような思いを盛り込んだ。


市立上名手小学校は青洲生誕の地の地元。

市内の行事などで児童にテーマソングを歌ってもらったところ好評で

、歌などを聴いたことをきっかけに受診し、

がんが早期発見された女性もいたという。

今回のCDには、上名手小の児童による合唱、田中部長による独唱、

地元の語り部による青洲の生涯についての講演などを収録した。


上名手小6年の木村壮太さん(12)は「僕たちの歌声で、

乳がんで亡くなる人を1人でも少なくできるように」と話している。


CDは約千枚制作した。

希望者は推進本部のある紀の川市健康推進課(0736・77・2511)へ。

CDと引き換えにピンクリボンキャンペーンへの千円の寄付をお願いしている。


朝日新聞 - ‎2009年10月27日
タグ:乳がん撲滅

乳がん啓蒙キャンペーン

乳がん啓蒙キャンペーンに参加した女優チェ・ヨジン

乳がん啓蒙キャンペーンに参加した女優チェ・ヨジン

チェ・ヨジン‘名品ボディー’、ランジェリーグラビアの中で幻想的スタイル披露

‘名品ボディー’を持ったチェ・ヨジンがランジェリーファッションを披露してネティズンの間で話題である。
健康なライフスタイルでインナービューティーを実践している女優チェ・ヨジンが、ファッションマガジン『W Korea』の乳がん啓蒙キャンペーンに参加した。

2006年‘あなたの胸を愛しなさい’と言うメッセージを通じて女性たちの乳がん早期発見の大切さを知らせるために始まったマガジン『W Korea』の‘Love your W’キャンペーンに参加したチェ・ヨジンは、グラビアの中で弾力があってバランスの取れた体を披露して自分の体に堂々とした20代の健康美人アイコンとして魅力を発散した。

チェ・ヨジンは「乳がんキャンペーンに参加するようになって嬉しい。世の中でいちばん美しいのは人の体、それも女性の体だという。今回のグラビアを通じて女性たちが自分の体をもっと愛して整えたいという認識転換に少しでもプラスになったらやり甲裴があるようだ」とし「私自身もケルビン・クライン・アンダーウェアとの二度のグラビア撮影が怠惰にならず、もう少し私の体に関心を傾けるきっかけになるようだ」と伝えた。

ケルビン・クライン・アンダーウェアの関係者は「‘Fatal Beauty’をコンセプトにして進められたグラビアで、ケルビン・クライン・アンダーウエアのモダンなデザインと無駄な所がないチェ・ヨジンのSボディーの組み合わせは普通の美しさを越えて致命的までとも言える」とし「ヘアーと対照的なシンプルなスタイリング、ここに加えられた彼女の堂々とした姿が強い女性美を感じさせる」と述べた。

日曜検診

乳がん早期発見へ18日「日曜検診」

青森県女性の乳がん死亡率が高い。
仕事と家事に追われ、平日にマンモグラフィー検査乳房の画像診断)を受診する時間を確保できず、早期発見が遅れているのが背景にあるとみられる。
乳がん啓発の市民団体「NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)」は18日、マンモグラフィーの日曜検診を実施。本県では、3医療機関が参加する。

県保健衛生課によると、本県の乳がん死亡率は2007年、人口10万人当たり20.6人で、全国最多。08年は同じく20.3人と全国で5番目に多い。
一方で、07年度の検診受診率は27.1%で全国平均の14.2%を上回っているものの、「欧米の受診率75〜80%に遠く及ばないのが現状」(J.POSH)だという。

乳がんの発症率は30〜40代から増え始めて、45歳でピークを迎える」と青森市の桂木クリニックの伊藤卓院長は説明。
「30〜40代は平日、仕事で忙しい。
子供を一時的に預かってくれる所がないのも敬遠される要因の一つ」と指摘する。

全国的にも乳がん死亡率が増加傾向の中、「ジャパン・マンモグラフィーサンデー(JMS)」と題した乳がん啓発活動が18日に本年度初めて実施される。
受診率の向上に賛同した全国の医療機関が通常、休診の日曜日に乳がん検査が受診できる機会を設けた。

青森県から参加するのは、桂木クリニック、北村医院むつレディスクリニック、弘前メディカルセンター。
伊藤院長は「乳がんは治る病気。

そのためには早期発見が大事」と積極的な受診を呼び掛けた。
タグ:日曜検診

乳がん

乳がんに対する効能追加を承認申請

乳がんに対する効能追加の承認申請について

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治](以下、中外製薬)は、抗VEGF(血管内皮増殖因子)ヒト化モノクローナル抗体ベバシズマブ(遺伝子組換え)−販売名『アバスチン(R)点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL』(以下、「アバスチン(R)」)の、乳がんに対する効能追加の承認申請を厚生労働省に行いましたのでお知らせいたします。

海外で行われた第III相臨床試験から、化学療法未治療の進行・再発の乳がん患者さんにおいて、化学療法に「アバスチン(R)」を併用することで、主要評価項目である無増悪生存期間の統計学的に有意な延長が認められました。海外では、欧州において2007年3月、また、米国では2008年2月の承認以降、化学療法未治療の進行・再発乳がんにおいて化学療法との併用により使用されています。

国内で実施した化学療法未治療の進行・再発乳がん患者さんを対象とする第II相臨床試験においても、日本人の患者さんにおける「アバスチン(R)」の有効性が確認されるとともに、忍容性も海外臨床試験と同等の水準にあることが示唆されました。

日本において乳がんの新規罹患者数は年々増加しており、2010年の年間新規乳がん罹患患者数は45,000人強と推計されていま[*]。

オンコロジー領域のトップ製薬企業である中外製薬は、患者さんおよび医療従事者に早期に新たな治療選択肢が提供できるよう、承認取得に向けて取り組んでまいります。

[*] 大島・黒石・田島「がん・統計白書 −罹患/死亡/予後−2004」
(篠原出版新社)

以上



アバスチン(R)について
 「アバスチン(R)」は、腫瘍の増殖と転移に必要な血管の新生に重要な役割を果たすVEGFに特異的に結合し、その作用を阻害する抗体医薬です。2004年2月に転移性の結腸・直腸がんの治療薬として米国で承認されて以来、治療ガイドラインで標準治療薬の一つに位置付けられています。乳がんに対しては、欧州では2007年3月、米国では2008年2月の承認以降、進行・再発乳がんの一次治療として使用されています。国内では、2007年4月に「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」を効能・効果として承認されました。承認後は特定使用成績調査を実施し、「アバスチン(R)」の適正使用の推進に努めてきました。
 なお、中外製薬は2008年11月に扁平上皮がんを除く非小細胞肺がんを効能・効果とした追加承認申請を行い、現在、審査中です。
● 関連リンク
中外製薬(株) ホームページ
新着記事
過去ログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。